くらし情報『月面に初めて降り立った男を描いた映画『ファースト・マン』』

2019年2月8日 12:00

月面に初めて降り立った男を描いた映画『ファースト・マン』

◼︎最初に月面を歩いた男(=ファースト・マン)

DRESS読者のみなさん、こんにちは!

本日みなさんにご紹介したいのは、『セッション』『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル監督最新作『ファースト・マン』です。

目次

・◼︎最初に月面を歩いた男(=ファースト・マン)
・◼︎『ファースト・マン』のストーリー
・◼︎NASAの全面協力により成し遂げられた映像
・◼︎家族の物語も見逃せない
・◼︎『ファースト・マン』公開情報


1969年に成し遂げられた人類初の偉業・月面着陸。
最初に月面を歩いた男(=ファースト・マン)としてもっとも危険なミッションを遂行したニール・アームストロングを、『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが感情を抑えつつも存在感のある演技で演じ切ります。

実は『ラ・ラ・ランド』よりも先に企画され、リサーチと構想に膨大な歳月が注ぎ込まれた本作。

観客もまるで宇宙船アポロ11号に同乗しているかのような臨場感を味わえるだけに、映画館でぜひ体験してほしい作品です!

Sub1

◼︎『ファースト・マン』のストーリー

1961年、空軍でテストパイロットを務めるニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)は、妻のジャネット(クレア・フォイ)とともに、幼い娘のカレンの看病に明け暮れていた。

だが、彼らの願いも叶わずカレンが逝ってしまう。ニールは深い悲しみから逃れるように、NASAのジェミニ計画の宇宙飛行士に応募するのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.