今年のクリスマスをハッピーにするには、イエローがいい!?

クリスマスカラーと言えば、もちろんレッド(赤)とグリーン(緑)。けれども今年は、幸せを象徴する色“イエロー”をテーマに、いつもとはちょっと違う、もっとハッピーなクリスマスを迎えてみては?

そんな楽しみ方を提案する、ひと足早いクリスマスパーティ「Mercian×AneCan Happy YELLOW Xmas Party」(主催:メルシャン、小学館)が、11月30日(金)に東京・丸の内で開催された。

今年のクリスマスをハッピーにするには、イエローがいい!?
会場全体のコーディネートのテーマは、もちろん“イエロー(黄)”。黄色は、もともと幸福を象徴したり、人に喜びを与える色とされ、「光」「希望」などを意味し、幸運を呼ぶラッキーカラーとしても知られている。

このパーティに参加したのは、小学館のファッション雑誌「AneCan」の読者ユニット「AneLADY100」から約70名。黄色いラベルが演出に一役買った「サンライズ スパークリング」を囲みながら、華やかなひとときを楽しんでいた。

さらにゲストに「AneCan」専属モデルの高垣麗子さんや食空間プロデューサーの山本侑貴子さん、「AneCan」人気スタイリストの亀恭子さんらを迎え、「イエロークリスマス」をテーマに、クリスマスシーズンに役立つ実践的な講座やトークが展開された。

特に高垣麗子さんがネオンイエローのドレス姿で登場すると、会場からは歓声が! 高垣さんの乾杯の掛け声とともに、ゴールドに輝く「イエロークリスマスツリー」がライトアップされ、会場はさらに盛り上がった。


山本侑貴子さんによる「おうちで出来るハッピー・イエロー・クリスマス講座」では、“イエロー”を使ったテーブルコーディネート術などを紹介。例えば、テーブルコーデは、多くても3色までにまとめるのがコツだそう。モノトーン+1色にまとめれば、テーマカラーが引き立ちおしゃれ度がアップ。

今年のクリスマスをハッピーにするには、イエローがいい!?
ナプキンリングを使って立体的見せるのも効果的。また、カラーと料理のマッチングを意識するのも大切。スパークリングワインの色や料理のソースの色と合わせてみよう。

さらにテーブルナプキンを使ってパーティシーンを演出することもできるのだとか。例えば王冠折りは和食・洋食・中華等、どんな食事のシーンにもぴったりで、キャンドル折りは、クリスマス感がアップ。


今年のクリスマスをハッピーにするには、イエローがいい!?
クリスマスにはホームパーティをすることも多いもの。そんなときに活用できそうなアイデアが、山本侑貴子さんから次々と披露された。


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.