2014年4月18日 18:00|ウーマンエキサイト

沢尻エリカ、楽屋で舌打ちをしていた過去を振り返る

ファッション業界という華やかな世界にあったのは、マウンティング=女同士の格付け地獄だった…。そんな女たちの壮絶なバトルをショッキングに描く、フジテレビ系連続ドラマ「ファースト・クラス」が4月19日よりスタート。放送直前となる18日には、主演の沢尻エリカ、共演の佐々木希、菜々緒、中丸雄一らが都内で行われた制作発表会見に出席した。

沢尻エリカ、楽屋で舌打ちをしていた過去を振り返る
「タイヨウのうた」以来約8年ぶりに連続ドラマに主演する沢尻は「演じるちなみは純粋で、すべてを真に受けるような真っ直ぐな女の子。この中ではある意味ストレート。健気なちなみを元気いっぱいに演じたい」と意気込みながらも、印象に残ったシーンを聞かれると「菜々緒ちゃんと希ちゃんが楽屋で舌打ちし合う場面。昔の自分もやっていたなぁと思いながら見ていました」とぶっちゃけつつ、共感していた。

沢尻エリカ、楽屋で舌打ちをしていた過去を振り返る
一方、腰掛系の腹黒コネ入社エディター役の菜々緒は「私以外はみんな天然だと思いました。公には言えないけれど、あるシーンで沢尻さんが絶対に言ってはいけないことを言っていて、“シー!”ってなった」と暴露を始めると、中丸雄一が「菜々緒さん、これはマウンティングですか?見方によっては」とドラマさながらの格付け行為(?)にワクワク顔。


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.