2014年10月6日 12:00|ウーマンエキサイト

保険と共済はどう違う? その特徴と比較、向く人と向かない人

波柴 純子
ライター
波柴 純子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
マネーの相談会を行うとよく受ける質問のひとつに「今は保険にお金をかけたくないので共済に加入しています。どのタイミングで保険に入り直したほうがいいですか?」というものがあります。状況によりアドバイスは異なりますが、その判断材料として、保険と共済はどう違うのかを比較し整理してみましょう。
保険と共済はどう違う? その特徴と比較、向く人と向かない人

© naka - Fotolia.com


■共済の掛け金の安さの秘密加入する側にとっての共済の魅力は、なんといっても「掛け金の安さ」ではないでしょうか。子育てでお金がかかる時期にはありがたいですよね。掛け金が安いのは組合員向けの非営利の事業であるから、ということは知られていますが、実はもうひとつ理由があります。共済は年齢が上がっても掛け金が変わらない代わりに、一定年齢になると保障額が下がるのです。

一例ですが、こくみん共済総合タイプ(掛金1,800円)の死亡保障は、59歳までは400万円なのに対し60歳を過ぎると100万円に、65歳を超えると50万円に、80歳を超えると20万円になります。入院保障額も同様に減額され、病気入院の保障は70歳以降ゼロになります。(全労災HPより)

死亡率も入院件数も、年齢が上がるほど高くなることを考えると、若い人と高齢者が同じ掛け金・同じ保障だとしたら、高齢者ほどお得で不公平ですよね。ですから共済は、年齢によって保障額を変えているのです。

保険の場合は、保険期間中の保障額は原則変わりません。ただし、加入した時の年齢から保障期間が終わるまでのリスクに応じて保険料が決まるので、30歳より40歳のほうが、保険料が高くなるというわけです。
波柴 純子
波柴 純子の更新通知を受けよう!
確認中
波柴 純子
波柴 純子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
波柴 純子
波柴 純子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
波柴 純子
波柴 純子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
波柴 純子
波柴 純子の更新通知が届きます!
フォロー中
波柴 純子
波柴 純子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.