この冬一押しのデートムービー!「インターステラー」を徹底解剖!

地球に危機が迫り、人類の未来のため主人公は宇宙に旅立つ――11月22日に公開の映画『インターステラー』は、大切な人と映画館で観て欲しい絶対泣ける感動作。「いざ!というとき頼りになる男性」を見極めるヒントも満載です。

特集へ戻る

この冬絶対泣ける感動作! 映画『インターステラー』は大切な人と観てほしい!

デートムービーにぴったり! 大切な人と観に行って! ――『インターステラー』は“惑星間移動”という意味があります。この作品の背景である地球滅亡のステップや宇宙の描写はいかがでしたか?
原田:温暖化は年々深刻になっているし、遠い未来からもしれないけど、地球が滅亡する可能性はあるのかもしれないと改めて思いました。
渡辺:これ以上地球を壊さないように! って訴えているのかも。地球の未来を考えさせられました。
土屋:そういうメッセージ性の高さも魅力ですよね。
佐藤:宇宙空間で急に無音になったりするところが、すごい臨場感でした。宇宙ってこんななのかな…? と。

――この作品を友だちや周囲の人にオススメするとしたら?
佐藤:親子愛も見どころだけど、頭のいい子にオススメしたいです(笑)。
原田:ねー(笑)。宇宙や科学とかが好きな人もすごく楽しめそう。私は主人にオススメしたいです。熱血漢でちょっと主人公のクーパーに似ているので、号泣しながら観そう(笑)。
渡辺:宇宙の冒険ものとしても、ヒューマンドラマとしても男性はすごく楽しめると思うので、女子だけで、というより、デートムービーにぴったりだと思います。
佐藤:観終わった後に彼に感想を聞いて、子どもに対する考え方とか、人類を救うために宇宙に行くのか、行かないのかとか、いろいろ聞いてみたいですね。彼をもっと知るいいチャンスかも(笑)。
土屋:私は小学生の娘と一緒に観たいと思いました。一緒に宇宙について勉強してから行くのもいいかも。男の子は宇宙飛行士になりたいって言いそうですよね。
原田:子どもがいる人はすごく共感しそうだし、より泣けそうですね。映像も美しく迫力があって、こういう映画こそ映画館がいいと思います。

この冬絶対泣ける感動作!映画『インターステラー』は大切な人と観てほしい!
――みなさん、長い時間ありがとうございました!

普段、宇宙を舞台にした映画は観ないという読者の皆さん。主人公とともに繰り広げるハラハラドキドキの冒険、迫力のある美しい映像、そして最初から最後まで泣かせてくれる父と娘のドラマ、多くの共感が詰まった感動作です。想像を超えるクライマックスに、観終わったあと思わず語りたくなるはず! そんな映画を、ぜひ劇場で大切な人と一緒に観てください。

『インターステラー』
11月22日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.