くらし情報『60カ国籍以上の人と仕事をした日本人が教える「異文化」で活躍できる女性の条件』

2015年2月27日 17:00

60カ国籍以上の人と仕事をした日本人が教える「異文化」で活躍できる女性の条件

海外で働いてみたい、あるいは国内にいても海外と接点のあるグローバルな仕事をしてみたい。そんな憧れを持つ女性は少なくない。だが一方で、「日本とはまったく異なる文化や環境の中で、本当にやっていけるのだろうか」という不安から、その一歩を踏み出せずにいる人も多いようだ。

60カ国籍以上の人と仕事をした日本人が教える「異文化」で活躍できる女性の条件

(c)taka - Fotolia.com


では実際のところ、世界を舞台に活躍している女性たちはどんな資質や能力を備えているのだろうか。そこで、これまでにアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど計7カ国で暮らした経験を持ち、60カ国以上の国籍の人たちと仕事をしてきた国連職員の田島麻衣子さんに「異文化の中で活躍できる女性像」について伺った。

■世界で仕事をする中で出会った印象的な2人の女性国連職員として、ほとんどの職場で日本人はただ一人、常に多様な国籍やバックグラウンドを持つ人たちの中で10年間働いてきた田島さん。さまざまな国やオフィスで働く中で、尊敬できる素敵な女性たちに数多く出会ってきたという。特に印象に残っている女性とはどのような人物だったのだろうか?

「私が尊敬するインド人の先輩女性は、とてもチャーミングで愛嬌のある人。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.