2016年3月29日 07:00|ウーマンエキサイト

何も信じられない… 行き場のないSOSを抱えた状況を変えるには?【心屋仁之助 塾】

人気の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロがほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。「何も信じられない」という、なごママさん(46歳・専業主婦)。心屋塾上級認定講師の心屋ジェニーさんがアドバイスします。

目次

・なごママさんのお悩み
・心屋塾上級認定講師の心屋ジェニーさんより
落ちこむ女性

© Christin Lola - Fotolia.com



■なごママさんのお悩み

はじめまして。私は再婚3年目の主婦です。再婚前、夫から裏切られていたことや、そのときに夫の口から出た言葉が忘れられずに苦しんでいます。

私は、幼いころからいつも裏切られてきました。親や学校の先生、さまざまなDV体験。施設へも入れられ本当につらい日々も経験しました。

男性はいつも色目を使い女をだまし、自分に都合の良い言葉をはく。今回、夫と出会い「信じても良いのか?」と思いはじめたころに裏切りを知り、絶望のどん底へ…。夫がすることすべて信じられません。何も信じられなくなって、すべてが怖いです。

外に出ることもおっくうです。なんのために生まれて、いまはなんのために生きている? 何もわからなくなってしまいました。「どうか助けて」の声は誰にも届きません。

最後の望みと思い相談させていただきました。どうかよろしくお願いします。

■心屋塾上級認定講師の心屋ジェニーさんより

…いやいやいや~。「昔の私が書いたのかしら?」と思うほど過去の私が見ていたような状況が書かれてあるので、とてもびっくりしました。

なごママさん、はじめまして。心理カウンセラー心屋ジェニーです。ご相談を読ませていただいて、「あああーそういえば、私もそういう風に思って歯を食いしばって生きていたなぁ…」と過去の自分をふりかえってみたりしました。

いまのなごママさんと同じような気持ちで生きていたこの私が、いまでは笑い楽しみ怒り泣きじゃくり、落ちこんだりドジったり、また笑ったりしながら、大好きなひとたちとおしゃべり三昧したり、オシャレして喜んだり、ひとりでのんびりを楽しんだりして毎日を過ごせるようになりました。

なので、なごママさんもきっと私のようになられるのだなぁ〜とうれしく思いましたので、ご相談に答えたくなりましたので担当させていただきますね。

なごママさんのご相談のなかに、「どうか助けての声は誰にも届きません」。とありますが、それでは実際に「助けてほしい」と誰かに言ってみたことはありますか? 自分から自分の弱みや情けなさを見せて、誰かに手伝ってほしい、頼らせてほしいと言ってみたことはありますか?

問題が次々と起こっていたにもかかわらず、私にはずっとそれが言えなかったのです。なぜなら、私は自分の心の奥底で「私なんて どうせ助けてもらえない人だ」と、自分で気づかないうちに固く信じていたからです。

自分が自分のことを「私なんて どうせ助けてもらえない人だ」と信じていれば、言葉も態度もそういうようにふるまいますので、心のなかでの助けての叫び声は 誰にも届きませんよね?

なごママさんはどうですか?「私なんて どうせ助けてもらえない人だ」と信じていますか?

それとも、「私だから どうせ助けてもらえる人だ」と信じていますか?

環境を変えても 目の前の人が変わっても、問題が次々起こるときは、こんな風に「自分がどんなことを信じているのか?」に気づくチャンスなのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.