2016年4月3日 22:00|ウーマンエキサイト

隣席の夫婦にディナーをプレゼント 幸せをおすそわけする「ペイイットフォワード」

先日、アメリカ人の友人からこんな話を聞きました。

友人の誕生日のできごとです。彼女の夫は誕生日を祝うために、ちょっと良いレストランを予約しました。そこでふたりはおいしいワインと料理を堪能し、すてきな時間を過ごしたそう。

目次

・「ペイ イット フォワード」で幸せをおすそわけする
・「お返し」のやりとりに疲れている現代人に必要なもの


花を手渡す子ども

© hakase420 - Fotolia.com



夜も深まって、夫が会計をすませようとしたとき、担当のウェイターがこう告げにきました。「お代はお客さまのお隣に座っていた、女性おふたりが支払われました」。

「びっくりして、ハートが開く感覚がしたの。忘れられないバースデーよ! 次は私たちが誰かに同じことをしようと、夫と話しているの。とても楽しみだわ」と、友人は興奮気味に話してくれました。なんともすてきな話ですよね。

■「ペイ イット フォワード」で幸せをおすそわけする

「Pay It Forward(ペイ イット フォワード)」という言葉があります。人から受けた善意を別の人につなぎ、親切の輪を広げるというものです。これには、どのような心理があるのでしょうか。

ハーバード大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校で2010年に発表された研究によると、「寛容さは伝染する」ということがわかったといいます。友人が感じたことは、決して特別なことではなく、とても自然な反応であると、この研究で証明されました。

うれしいことが起きたとき、なぜ人は誰かに同じことをしてあげたくなるのでしょうか。ちょっと難しい言葉で言うと、「見返りを求めず優しく寛容にするとき、私たちはその相手の回復力を上げている」ということになるのです。

「癒やされ、回復する」ということは、つまり、より強い生命力を再び得ることにつながるのだそう。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.