2016年9月13日 20:00|ウーマンエキサイト

ダンナとの「家族愛」を考える【ダンナのトリセツ 第12回】

小高千枝
専門家
小高千枝
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ダンナのトリセツ

ダンナのトリセツ

“妻”である皆さまが、より心地よい毎日を過ごすための“ご主人との向き合い方”について『ダンナのトリセツ』としてお伝えしていきます。

こんにちは。心理カウンセラーの小高千枝です。

最近、私のまわりでは出産ラッシュです。幸せのご報告をたくさんいただいております。そして、その多くが働くママたち。2人目のお子さんという人もいます。家事、育児、仕事の両立は大変かもしれませんが、家族ができることに対するママたちの笑顔は本当に美しいんですよね。

ダンナとの「家族愛」を考える【ダンナのトリセツ 第12回】

© Subbotina Anna - Fotolia.com


大変であっても、そこには頑張れる何かがある。それは家族として築き上げてきた形にはあらわせないくらいの大きな愛情があるからだと思います。

今回はそんな「家族として “ダンナ” と築き上げる愛」についてお伝えしましょう。

■「ダンナへの気遣い」の方向性、間違っていませんか

「夫に(家事などを)頼むことが悪くて1人で頑張ってしまう」
「夫が助けてくれることはありがたいのですが、気をつかってしまう」
こういった子育てママからのご相談がよく寄せられます。

親しき中にも礼儀ありです。しかし、ご主人とは家族です。変に気をつかいすぎてしまっていると自然な流れで愛を育むことはできませんからね。話すタイミングや言い方にもよりますが、友だちでもなく恋人でもない家族としてのコミュニケーション方法をみつめてみることが大切です。

“ダンナ”への気遣いの方向性は、間違っていませんか?
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
小高千枝
小高千枝をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
小高千枝
小高千枝の更新通知が届きます!
フォロー中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.