張り切りすぎは禁物? 卒業式&入学式で失敗しないママスーツの選び方

森川ほしの
ライター
森川ほしの
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
卒業式&入学式は、子どもたちの晴れ舞台。何を着て行こうかと、頭を悩ませているママは多いことでしょう。「浮いてしまった!」「失敗して恥をかいた!」というママの後悔の声もよく耳にしますので、慎重に検討したいものです。どのようなところに注意すればいいのか、事前にチェックしておきましょう。

桜の下を歩く家族

(c) milatas - Fotolia.com



■基本のマナー・ポイントは?

ママ・ファッションの基本はスーツとされていますが、スーツなら何でもOKというわけではありません。まずは次のようなポイントをおさえておきましょう。

●スカート丈
卒業式や入学式では、セミフォーマルに当たる服装が基本。スカート丈は膝下のものが適当とされていますので、短すぎないかどうか、気をつけて選びましょう。

●色
卒業式はブラックやグレー、紺などの「ダーク系」、入学式はベージュや淡いピンクなどの「パステル系」が一般的。ただ、卒業式のスーツを入学式にも使いたいと考える人が増えたこともあり、明るい色のスーツで卒業式に出る、またはその逆のケースも多くなっているようです。

●柄・デザイン
セミフォーマルが基本ですので、スーツは無地が好ましいといえるでしょう。デザインが奇抜すぎると浮いてしまう可能性も。式の主役はあくまでも子どもたちなので、ママの個性は少し控えめくらいがちょうど良いかもしれません。

●アクセサリー
卒業式のアクセサリーは、シンプルで上品な印象のものが無難。パールなどがおすすめです。入学式では、コサージュなどを使って少し華やかさをプラスしても良いでしょう。ただし、あくまでも派手になりすぎないことがポイント。特にゴールドやキラキラ光る素材のアクセサリーは、派手な印象になりがちなので注意しましょう。

●ストッキング
色・柄もののストッキングは避け、ヌードベージュなどの肌に近い色を選びましょう。

●靴・かばん
靴はヒール5cm程度のシックなパンプスが基本。オープントゥやサンダルのように見えるものは避けます。かばんはフォーマルシーンに使えるかどうかを基準に選ぶと良いでしょう。大きなトートバッグや、見るからに「ブランド物!」とわかるようなバッグは避けた方が無難です。


■パンツスーツはOK? 卒業式でもカラースーツでOK?

このようなマナーについては、学校や地域によって傾向が異なるよう。そのため、先輩ママなどに話を聞いて「暗黙の了解」を確かめておくと安心です。

なかには、「卒業式のママ・ファッションはブラックスーツ」といった暗黙の了解が存在する学校も。不安なママは事前にリサーチしておきましょう。

■寒さ対策は万全に!

特に卒業式が行われる3月は、まだ寒いかもしれません。スーツの上にコートを着て出かけても式典中は脱ぐことになりますので、防寒下着などの工夫を。

体育館でジッとしていると、思っている以上に体が冷えてしまいます。式の途中でトイレに…なんてことにならないよう、対策を考えておきましょう。
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
森川ほしの
森川ほしのをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
森川ほしの
森川ほしのの更新通知が届きます!
フォロー中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.