2017年4月18日 07:00|ウーマンエキサイト

心屋式、不安な気持ちの手放し方【心屋仁之助 塾】

ひらい なず
ライター (代表取締役 心理カウンセラー セミナー講師)
ひらい なず
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「最悪の状況を考えてしまい不安」という、雲さん(31歳・主婦)に、心屋塾上級認定講師のひらいなずさんからアドバイスをいただきました。

目次

・雲さんのお悩み
・心屋塾上級認定講師のひらいなずさんより


心屋式、不安な気持ちの手放し方【心屋仁之助 塾】

© Africa Studio - Fotolia.com



■雲さんのお悩み

妹が精神病院に入院しています。精神のバランスを崩してから、15年以上が経ちます。一番恐れていることは、妹が自ら命を絶ってしまうことです。怖くて怖くて仕方がありません。最悪の状況ばかり考えてしまいます。 

※一部、質問内容を編集しています。



■心屋塾上級認定講師のひらいなずさんより

雲さん、はじめまして。ひらいなずです。

体調を崩されたご家族を、前向きに応援したいと思っていても、長い期間見守り、支え続けている毎日の中で、そうは考えられないときもあるかもしれません。

ご家族の最悪の自体を想像すると、とても悲しい気持ちになってしまうことでしょう。しかし、雲さんの中に、いつもいつも、「妹さんが自ら命を絶ってしまったら」という気持ちがあるのだとしたら、そこには雲さん自身の中に、何か“とらわれ”があるのではないかと思います。

雲さんが一番恐れていることが起きたことを想像すると、どんな言葉が浮かびますか?

・姉としての役割を果たせない気がする?
・家族に申し訳ない

いかがですか? なるべく具体的な言葉を浮かべてみてほしいのです。

もしかすると、雲さんの中に「自分が助けることができなかった」という後悔や無力感があるのかもしれません。

その後悔や無力感が、妹さんの病気を通して刺激され、「妹さんが命を絶ってしまったらどうしよう」という不安を生み出しているのではないかと思うのです。

つまり、雲さんの中に「自分が助けることができなかった」「自分は無力だ」という気持ちが芽生えた、そもそものきっかけがあるのです。

そのヒントは幼い頃の雲さんの記憶にあります。

ひらい なず
ひらい なずの更新通知を受けよう!
確認中
ひらい なず
ひらい なずの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ひらい なず
ひらい なずの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ひらい なず
ひらい なずをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ひらい なず
ひらい なずの更新通知が届きます!
フォロー中
ひらい なず
ひらい なずの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.