ワンコインから選べる「これ欲しかったの!」がうれしい予算別プチプレゼント術

2018年2月14日 19:00
 

SARA ライター
SARA

目次

・【予算500円】ワンコインなら気をつかわせない・気の利いた「消えもの」を
・【予算1000円】自分では買わないけどもらったらうれしい「ちょっと上をいく雑貨」
・【予算3000円】いくらあっても困らない「モノ」、負担に感じない「おもてなし」

ⓒpaylessimages-stock.adobe.com


お下がりをたくさんもらった、テーマパークやイベントなど貴重なチケットを譲ってもらった、買うと高いものを貸してもらった…など、子どもを通したお付き合いから、ママ友やご近所さんにちょっとした「プチギフト」を渡す場面は多いですよね。

そういった時に役立つ「お返し」アイデアを、筆者の経験談をもとに予算別でご紹介しましょう。

■【予算500円】ワンコインなら気をつかわせない・気の利いた「消えもの」を

ご近所さんやママ友などに、ちょっとしたお礼で500円ぐらいのものを…という場面は結構ありますよね。このくらいの金額なら、受け取った相手に気をつかわせないことがポイント。気張ったものより、万人受けしやすい「消えもの」が無難です。

クッキーやフィナンシェなど日持ちする焼き菓子など、予算的に家族分は買えない場合でも「寝かしつけ後のお茶タイムに」などとメモを添えて渡せばOK! お酒が飲める人に缶ビールを2本セットにして「晩酌にどうぞ」とするのも喜ばれますよ。

ちなみに筆者は、あらかじめこういう場合に備えて、帰省時に地元の特産品をいくつか余分に買ってストックしています。日持ちするものに限られますが、お菓子や調味料などをアソートにして、ラッピングしておいても便利です。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.