これがわが家の「愛情たっぷり! パスタごはん」

家族の時間を大切にすることで知られているイタリアでは、家族で一緒に囲む食卓には “ママのおいしい手料理” が欠かせません。様々な分野で活躍するママたちに、食と子育てのお話と「わが家のパスタごはんレシピ」を教えていただきました。

特集へ戻る

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

[PR]

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
料理家・お弁当コンサルタントとして、テレビ番組でも活躍中の野上優佳子さんは、社会人と大学生の娘さんと小3の息子さん、3人のママ。

上のお子さんの時からPTA委員を積極的に引き受けるなど、超多忙な日々にもかかわらず、「夜は11時に寝る」「朝食と夕食は子どもと一緒に食べる」など、時間にも心にも余裕があるように見えます。そんな野上さんに、子育てへの考え方や、日々の料理に込める想いを聞きました。

【野上優佳子さん プロフィール】お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
料理家・弁当コンサルタントとして各メディアで活躍。全国各地での講演を行うほか、お弁当箱などの商品開発アドバイザーも務める。30年以上お弁当を作り続け、300個以上のお弁当箱を使用した経験に基づき、日々お弁当を作る母目線での「実用性と汎用性の高いレシピと鋭い洞察」には定評がある。『マツコの知らない世界』(TBS)にお弁当テーマで最短最多出演。著書は『野上優佳子のお弁当おかずの方程式』『お弁当のセカイ』(ワニブックス)、『野上さんちの超ラクチン弁当』(学研プラス)、『夏弁』(主婦と生活社)、『悩まず作れる! おべんとうの手引き』(笠倉出版社)など。
HP:https://www.horbal.jp/
Facebook:@mealinsight
twitter:@nogami_y
instagram:@yukakonogamis

朝食と夕食は、子どもと一緒に食べる

「私は優先順位がすごくはっきりしていて、家族との時間が最優先。どんなに忙しくても体はひとつだし、1日は24時間しかないから、割り切るところは割り切っていると思います。

夜11時に寝るのもそう。子どもと密に過ごせる時間って仕事人生と比べるとものすごく短い。その期間、多少仕事できる時間が減っても、後から自分の努力次第でいくらでも取り戻せると思っています。それに仕事は誰かが代わってくれても、子どもとの時間は私にしか作れない。そもそも仕事の現場であれこれいうより、子どもと一緒にブランコに乗っているほうがずっと楽しいんですよ」とほがらかに話します。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
そんな野上さんが忙しい暮らしの中で大切にしているのは、朝食と夕食はできるだけ家族で一緒に食べること。そして、そこでたくさんおしゃべりをすること。

「毎日同じ時間に食べて、話を聞く。みんなで食べる一番の理由は、一人で食べるより楽しいから。我が家はみんなおしゃべりで、『今日は何があった?』って私から聞く前に、子どもたちが『今日こんなムカつくことがあってね~』なんて話してくれます。自分の思ったことを言語化するのって結構大事だと思うのですが、おしゃべりすると自分の言葉でちゃんと人に伝わるかの確認もできるんですよね。

他人だとどう伝わるか怖くても、家族には恐怖心を持たずに話せます。でも、くだらない話がほとんどですよ。うるさいくらいしゃべって、笑いっぱなし。時間のある週末は夕食に3時間くらいかけて、おしゃべりを楽しんでいます」

なんだか賑やかな野上家の食事シーンが目に浮かぶよう。大学生や社会人の娘さんたちは、いまも家で食べるごはんが大好きなのだとか。ママの手料理を囲んで “家族の時間” をなによりも大切にするイタリア人家族の食卓のようで、 野上さんご家族の “あたたかい絆” を感じます。

料理は、一番子どもの負担にならない「応援」のカタチ

野上さんは子育てに関するこだわりはほとんどなく、基本的に子ども任せ。「私自身、親にあれこれいわれたことはないですし、人のいうことをハイハイと聞くタイプでもなかったので」と笑います。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
「長女のときは、ほかの子と比べてできないことが目につくこともあったんですが、3人目にもなるとまったく気にならないんですよ。たとえばリボン結びがなかなかできなくてもいつかできると思っているし、たとえずっとできなくてもマジックテープの靴を履けばいいんじゃない、って思う。短期的な結果を求めて子どもを評価しても仕方なくて、心身ともにすこやかであればそれでよし。そのベースになるのが食事だと思っています」

次女が通っていた都立高校で、入学時に校長先生からいわれたのが「親御さんにお願したいのは、ちゃんとごはんを作ってほしい」ということ。やる気のある子に「勉強しろ」とうるさくいうのは逆にマイナス。それよりも、「食事で頭脳は作られるから、おいしいお弁当をしっかり作ってください」というのが同校の考え方だったそうです。

「長女の大学受験のとき、長女から唯一頼まれたのが、高3の1年間、『どんなものでもいいので、3食(お昼はお弁当)を作って “同じ時間” に出してほしい』ということだけ。勉強するにも体が資本。料理は一番子どもの負担にならない応援の仕方な気がします」

野上さんが以前対談した脳科学者の方によれば、「頭のよくなる食べ物」があるのではなく、「脳のはたらきに刺激を与えるもの」を食べることが重要なのだとか。具体的には、色や食感、味にバリエーションをつけるとよいそうです。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
その点、調理が手軽な “パスタ” は、合わせる食材によって彩りや食感をアレンジでき、脳に刺激を与えやすい優秀な食材。脳の栄養源となるブドウ糖は摂りすぎると眠くなることがありますが、パスタなら野菜や肉と組み合わせてバランスをコントロールしやすいので、娘さんの受験のときにも重宝したそうです。

お弁当は外でがんばる家族への「お守り」

昔から料理をするのが大好きで、小学校5年生の誕生日プレゼントがオーブンだったという野上さん。中学時代からお弁当を作りはじめ、お弁当歴はいまや30年以上。

いまでも週に3~4回お弁当を作っていますが、お弁当で一番大切にしていることは「食べる人が食べたいものを入れること」だとキッパリ。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
「毎朝、家族を送り出すときは、今日1日楽しく元気に過ごしてくれたらいいなと思いながら、お守りがわりみたいな気持ちでお弁当を持たせているんですよ。たとえば外で、少しイヤなことがあったときも好きなものでお腹が満たされると、ちょっと元気になって、『家に帰るまでがんばるか』くらいに思ってくれるといいなと。

それに空っぽのお弁当箱を見れば、今日も元気だったんだなとわかる。少なくともごはんも喉を通らないくらいに気落ちしていたということはないんだな、ってわかって安心できます。外に出たら、イヤなこともいっぱいあるだろうから、お弁当の中身は好きなものだけ

“好き嫌い” は、お弁当に入れて子どもが一人のときにがんばらせるんじゃなくて、家族みんなで『これおいしいよ』っていいながら食べたほうが、子どもの負担にもならないんじゃないかなと思っています」

片づけもカンタン! お弁当は「モバイルな食卓」

野上さんはお弁当は「モバイルな食卓」だといいます。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
「お弁当は、家の食卓を箱に詰めて外に持っていって食べるだけのこと。お昼ってだいたい同じ時間に食べるから、場所がちがっても家族みんな同じものを食べている。家庭の食卓って他人にのぞかれないから、そうめんやパスタだけの日もあるのに、なぜか外に持っていくとなると気負っちゃう。でも本来はパスタだけのお弁当の日があってもいい。お弁当はなるべく難しくしないのが一番です」

お弁当の中身はゼロから考えようとすると大変ですが、たとえば「A+B+C=弁当」だとして、「A=肉」「B=卵」「C=野菜」とさえ決めておけば、毎日食材や味付けを少し変えるだけでOK。卵焼きのような作り慣れた定番は、失敗しないしおすすめとのこと。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

野上さんのインスタグラム @yukakonogamisより


また、毎食の料理を多めに作って次へスライドさせるのも、お弁当作りをラクにするコツだそう。

「お弁当用に作ったおかずは夕飯の副菜も兼ねて多めに作ります。たとえば、ほうれん草を多めに茹でて半分はごま和えにしてお弁当に、もう半分は夕飯時にかつおぶしをかけておひたしに。夕飯のときも野菜を多めに切ったり茹でたりしておいてお弁当に使います」

ちなみに野上家では、お弁当箱を自宅でも活用。留守のときに子どもたちが食べる昼食などもお弁当箱に詰めておくそうです。

「蓋をあけるだけでごはんが食べられるのって、ラクじゃないですか。お弁当ってなぜか冷めてもおいしいし。平皿だと冷蔵庫に入れづらいけどお弁当なら重ねて入れられるし、洗いものが少ないから片づけもラク。家で食べるお弁当は持ち運ばないからスカスカでも大丈夫ですよ」

パスタは家族の最大公約数

野上家では、パスタはごはんやパンと並ぶ主食のレギュラー選手。家には必ず数種類のパスタが常備してあり、切らすことはないそうです。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
「パスタはみんな大好きで、本当によく食べます。週末の食事のうち1回はパスタですね。我が家は朝食に必ず温かい汁物を出すようにしているのですが、時間がない朝はスープパスタを作ることも多いですね。バリラのショートパスタもよく使いますよ。おいしくて好きというシンプルな理由です」

お弁当には「食べる人が食べたいものを入れる」のが野上さんのこだわりですが、一人だけに作るわけじゃないので最大公約数で家族みんなが食べられるもの…と考えたときパスタは優秀。具だくさんのパスタにすればおかずを1品減らせるし、市販のソースを使えば時短もできるし、とても便利だそうです。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
「わが子に食べさせたいものをお客様にも」の信念のもと、パスタを作り続けて140年以上の「バリラ」は、イタリアNo.1のパスタブランドです。こだわりのデュラム小麦と独自の製造方法により、誰もがおいしいアルデンテに仕上げることができます。ロング&ショートパスタのほか、着色料・保存料が無添加のパスタソース(計5種)も人気。安心安全なパスタソースは、未開封状態で1.5年以上も保存が可能。忙しいママにおすすめのストック食材です。「バリラ」の魅力はこちら >>


ピクニックや運動会に! カンタンで家族が喜ぶ「パスタ弁当」

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
新年度が始まって約一ヶ月経ち、大人も子どもも “疲れ” が出てくる時期。そこで、新しい環境でがんばる家族へ “応援”の気持ちを込めて作りたい、野上さん考案のパスタ弁当をご紹介します。おでかけが気持ちのよいこの季節、カンタンでおいしいパスタ弁当を持って、青空の下でリフレッシュしてみませんか?

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
今回使うのは、「バリラ」のショートパスタ “トロフィエ”。細いのでソースが絡みやすく、使いやすいパスタです。トロフィー型だからゲン担ぎにもなるので、運動会のお弁当にもいいですね。応援の気持ちを込めるのにぴったり! 毎日のお弁当に使えるアレンジもいろいろ教えてもらいました。

「ひき肉だけで簡単! 即席ボロネーゼ」(調理時間:約20分)
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
子どもたちにも大人気なミートソースは、イタリア名で「ボロネーゼ」。「バリラ」のパスタソース “ナポレターナ” を使えば、味わい深いボロネーゼをあっというまに作ることができます。

ナポレターナにはイタリア産100%トマトをベースに、既にいろいろな野菜が入っているので、ひき肉を加えるだけでOK。お肉を少し形が残るように炒めると、ミートボール風になって子どもも大喜び。お弁当に入れるときは、牛ひき肉など脂が少なめのものを選ぶと、冷めても油が白浮きしづらくおいしく仕上がります。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

「味わいボロネーゼ」と春野菜を彩りよくお弁当に詰めて。冷めてもおいしい「バリラ」のショートパスタは、お弁当にも最適です。



【材料】(2~3人前)
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
「バリラ」トロフィエ……250g

(即席ボロネーゼソース)
「バリラ」ナポレターナ……1.5カップ
・牛ひき肉……250g
・玉ねぎ……1/2個  ※
・セロリ……10cm分 ※
・オリーブ油……大さじ1/2
・赤ワイン……大さじ1(料理酒でも可)
・水……大さじ1
・塩……小さじ1.5

※玉ねぎとセロリなしで、牛ひき肉だけでも十分おいしくいただけます。お好みでご調整ください。

【作り方】
1)玉ねぎとセロリをみじん切りにする。
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

2)フライパンにオリーブ油と 1) を入れて火にかける。軽く炒めたら牛肉を入れ、軽く表面を押さえながら焼き色をつける。
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
しっかり焼き色がついたらひっくり返して、両面焼いたら、ひき肉を木べらで大きく切り分ける。
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

3)赤ワインと水を入れて、沸騰したらソースを加える。再沸騰したら弱火で蓋をして8分煮る。塩で味を整える。
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

4)トロフィエを塩(分量外)を入れたお湯で茹でる。茹であがったら水分をしっかり切って 3) のフライパンに入れてソースを絡ませて、盛り付ける。
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
【さらにアレンジ!】
「即席ボロネーゼソース」の活用法

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
・冷蔵で3~4日保存可能。冷凍保存なら密封できる保存袋に入れて2週間程
・卵と混ぜてオムレツに。一口サイズに切ればお弁当のおかずにも
・焼いたナスやズッキーニを混ぜ、チーズをのせて焼けばグラタンに!
【同時にもう1品!】
トロフィエを多めに茹でて「春野菜のパスタ」を
お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
本場イタリアのリグーリア州では、トロフィエにジェノベーゼとジャガイモ、インゲンを合わせるのが伝統的な食べ方。トロフィエを鍋から上げる前に春野菜を加えて一緒に茹で上げ、バリラのペーストジェノベーゼと和えれば本格的な味わいの「春野菜のパスタ」が完成。

※今回はブロッコリー、インゲン、スナップえんどう、アスパラガスを茹で上げる40秒前に追加。ペーストジェノベーゼは火にかけると変色するので加熱は避け、使用するペーストジェノベーゼの分量の約10%のゆで汁を加えて溶いてから、パスタと和えるとよい。

もう1品、2品もすぐ作れる!
パスタソースで時短&アレンジ料理

「バリラ」のパスタソースは、着色料・保存料が無添加なのに、保存期間は1.5年以上(未開封状態で)と、多忙なママにおすすめのストック食材。家庭で作るソースと同じ工程で作られており、既に煮込む手間が省けているので時短調理に大活躍します。おすすめのアレンジ例を野上さんに教えていただきました。

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】

「ポモドーロ」が加わり合計5種類となった「バリラ」のパスタソース。着色料・保存料が無添加なので、小さなお子さんにも安心。 左から、バジルのトマトソース、アラビアータ、ナポレターナ、ペーストジェノベーゼ、ポモドーロ。 詳しくはこちら>>


「ナポレターナはミネストローネにすると、コンソメなしでもコクのあるおいしい仕上がりに。ペーストジェノベーゼはポテサラに入れても美味。ポモドーロはシンプルなトマトソースなので、チキンのトマト煮込みなど、幅広く使えます」

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
・ミネストローネ:(上)
キャベツ、玉ねぎ、セロリ、にんじん、インゲン、ベーコンをさいの目切りにして、フライパンまたは鍋でオリーブ油と一緒に軽く炒めたら水とナポレターナを加え、5分沸騰させて塩で味を整え、熱々のうちにスープジャーへ。3時間ほど経てばおいしいスープに!(鍋で作るなら沸騰した後すぐ弱火にして20分煮る)。

・ジェノバ風ポテサラ:(弁当内 上)
塩もみしたキュウリと茹でたジャガイモに、ペーストジェノベーゼとレモン果汁を加えて混ぜる。お好みでゆで卵を加えても。

・チキンのトマト煮:(弁当内 右)
鶏もも肉は余分な脂をそぎ取り、オリーブ油を薄く敷いたフライパンに皮目を下にして並べ、表面に軽く塩こしょうをして、蓋をして中火で3分加熱。皮目にしっかり焼き色がついたらひっくり返して、蓋をしてさらに2分、弱火で加熱。ポモドーロソースを加えてとろみがつくまで軽く煮詰める。

【こんなに便利!】
パスタソースのアレンジ事例

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
ナポレターナの活用法
・オムライスのベースに
・パンに塗ってベーコンや玉ねぎ、チーズをのせてピザトーストに
・野菜を混ぜたごはんの上にのせてドリアに
・コロッケにつけるソースがわりに

ペーストジェノベーゼの活用法
・新じゃが、ゆで卵、キュウリとあえてサラダに
・ひよこ豆または大豆の水煮をペーストにして混ぜ、フムス風ディップに
・肉や魚のグリルのソースとして
・レモンや酢と混ぜて即席ドレッシングに

ポモドーロの活用法
・お肉に添えて
・オムライス用チキンライスの味付けに
・ツナ缶とポモドーロを電子レンジで温めて即席ミートソース(ツナ版)に

お弁当は子どもの「お守り」がわり:野上優佳子さんインタビュー【応援パスタ弁当のレシピ付き】
行楽のお弁当というと作るのが大変なイメージがあるかもしれませんが、パスタなら作るのもカンタンだし、子どもも大人も大好き! 外でも食べやすく、カラフルで見栄えもする…といいことづくめです。

気分も上がるおいしい“応援パスタ弁当”と一緒に、家族で春を楽しんでみませんか。

「バリラ」商品とその他のレシピはこちら!「バリラ」Facebookページはこちら!
[PR]バリラジャパン

取材・文/古屋江美子 撮影/貝塚純一

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.