コミックエッセイ:うちのダメ夫

知らない夫の一面に翻弄された日々…夫が考えた打開策とは/妻の手料理を食べない夫(6)【うちのダメ夫 まんが】


知らない夫の一面に翻弄された日々…夫が考えた打開策とは/妻の手料理を食べない夫(6)【うちのダメ夫 まんが】
知らない夫の一面に翻弄された日々…夫が考えた打開策とは/妻の手料理を食べない夫(6)【うちのダメ夫 まんが】知らない夫の一面に翻弄された日々…夫が考えた打開策とは/妻の手料理を食べない夫(6)【うちのダメ夫 まんが】
知らない夫の一面に翻弄された日々…夫が考えた打開策とは/妻の手料理を食べない夫(6)【うちのダメ夫 まんが】

私に比べて仕事時間の融通が利く夫は、それからというもの、週に2~3回食事を作るようになりました。これまで「食べたいものを言えば出てくる」大変さをまったく理解していなかった夫ですが、ここにきてようやく「作る大変さ」と「食べたいものを作るためには準備が必要」ということが理解できたようです。

良い大人になってまでも子どものように「食べたいものを食べたい」と考えていた夫。結婚前までは実家暮らしで、お義母さんが食事を作ってきて、その後もそうとは知らないうちに夫の希望をかなえていた私。何年一緒に暮らしていても相手の知らない一面があることにビックリしました。

夫は、いまでも時々は「どうしても食べたいものを食べたい!」と宅配を頼むこともあります。ですが、夫が勝手に頼むことはなくなり、冷蔵庫の食材や家族のことも考えてくれるようになりました。

夫も自分で家族のご飯を作るようになって、ご飯の準備の大変さはもちろん、作ったご飯を美味しいと食べてもらえる喜びを知ったようです。そして私自身、「家族のご飯は私が作らないと…!」と思い込んでいたのですが、もっと自由に食べたいものを手軽に食卓に出す工夫を考えればよかったと思っています。また「毎日料理するだけで精一杯」となり過ぎていて、家族の食べたがっているものについてもう少し思いを馳せるべきだったかなと反省しています。

夫には理由を言わず「宅配を頼み続け、私を傷つけたこと」については、きちんと謝罪してもらいました。それでもきっとこの時受けたショックと心の痛みはずっと忘れないだろうなと思っています。

※この漫画は実話を元に編集しています

イラスト・1日1鶏(いちにちいちにわとり)

読者アンケートにご協力ください (全4問)

Q.1 この記事へのご感想をぜひお聞かせください (必須) (最大1000文字)

Q.2 夫婦の問題について、悩んだり、困ったりしたエピソードがあれば、その原因を含め教えてください (最大1000文字)

Q.3 Q2で記入いただいた内容を、乗り越えたエピソードがあれば教えてください (最大1000文字)

Q.4 今後取り上げて欲しいテーマがありましたら教えてください (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトの作品として掲載される場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.