くらし情報『黒が増すノワール・ケイニノミヤ、初のショーで発表【2015-16秋冬ウィメンズ】』

2015年3月30日 15:42

黒が増すノワール・ケイニノミヤ、初のショーで発表【2015-16秋冬ウィメンズ】

ノワール・ケイ ニノミヤ15-16AWコレクション

コム デ ギャルソンの最年少デザイナー・二宮啓によるノワール・ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)がパリファッションウィーク期間中2015-16秋冬コレクションを初となるモデルプレゼンテーションで発表した。コム デ ギャルソン社ショールームで行われたこじんまりとしたショーだったが、セレクトショップ「コレット(collette)」ディレクターのサラ・アンドルマンが来場するなど、注目度の高さを伺わせた。ブランド名の通り、毎シーズン黒を基調とするコレクションを見せる同ブランド。今季はその黒に奥行きが増した印象だ。目を引いたのは合皮で作られた花やボックス型の立体的なディテール。コートやライダース、ワンピースを覆い尽くした。ゴールドのフィルムを差し込んだスカートや白地のキルティングを黒のチュールで覆ったコートは黒以外の色が使われ新鮮な印象。ニットとレザーテープを編み込んだニット、太いコードで編んだドレス、ガラスビーズとフロッキープリントによるコットンスカート、スタッズでサークル文様を描いたコートなどディテールで面白い黒を見せる。ブランド初となる牛革で作ったライダースは一見普通だが、コバステッチがすべてチェーンという手の込んだ1着。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.