くらし情報『“茶室”をテーマにしたティー&コーヒースタンドが原宿にオープン、茶釜と急須でハンドドリップ』

2016年4月30日 18:00

“茶室”をテーマにしたティー&コーヒースタンドが原宿にオープン、茶釜と急須でハンドドリップ

artless craft tea & coffee 外観

アーティストの川上シュンが代表を務めるartless Inc.が5月1日、東京・原宿にオフィスを併設したコーヒースタンド「artless craft tea & coffee」(東京都渋谷区神宮前3-21-16 1階)をオープンする。同店では、“クラフト”という言葉にフォーカス。丸山珈琲の協力を得て、マイクロミルやマイクロロットと呼ばれる小規模農園から、国や風土・生産背景や生産方法などにこだわったシングルオリジンコーヒーを一杯ずつ丁寧にハンドドリップで提供する。また、焙じ茶も同じく小規模で、有機・無農薬の人の手で丁寧に育てられた“クラフト”感ある焙じ茶を採用。人間国宝が製作した茶釜と常滑焼の急須で淹れられる。また、コーヒー及び焙じ茶に深い味わいのオーガニックミルクを組み合わせたまろやかな一杯も用意した。空間デザインのコンセプトは“茶室”。幅5mの一枚鉄板のカウンターに炉をきり、茶釜を入れることで、“侘び寂び”と“未完の美”という日本独自の美意識が表現された。なお、道具は、京都 開化堂の茶筒、金網つじの茶こし、樂焼/三代小川長樂の長男・小川裕嗣の白樂の花器などの日本の伝統工芸品が用いられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.