くらし情報『コム デ ギャルソン川久保玲の特別展が17年春、NYメトロポリタン美術館にて開催決定』

2016年11月16日 21:00

コム デ ギャルソン川久保玲の特別展が17年春、NYメトロポリタン美術館にて開催決定

右)Rei Kawakubo (Japanese, born 1942) for Comme des Garcons (Japanese, founded 1969), “Body Meets Dress - Dress Meets Body,” spring/summer 1997 左)Rei Kawakubo (Japanese, born 1942) for Comme des Garcons (Japanese, founded 1969), “Body Meets Dress - Dress Meets Body,” spring/summer 1997

Courtesy of The Metropolitan Museum of Art,(c) Paolo Roversi


2017年5月、ニューヨーク・メトロポリタン美術館のコスチューム・インスティチュート(Costume Institute)特別展として「川久保玲 / コム デ ギャルソン展(Rei Kawakubo / Comme des Garcons)」が行われることが決定、発表された。特別展に存命のデザイナーとして選ばれるのは、1983年のイヴ・サン=ローラン(Yves Saint Laurent)に続き2人目だという。特別展では、1981年に川久保が初参加したパリコレクションから現在までの作品を約120点展示するそうだ。年代順ではなく、テーマごとに並べることを予定しており、川久保のこれまで行ってきた境界と境界の間にあるものへの強い興味を探求していくという。展示されるマネキンたちは人の目と同じ高さに配置され、柵なども設置しない予定だ。コスチューム・インスティチュートのキュレーターであるアンドリュー・ボルトン(Andrew Bolton)曰く「川久保玲はこの40年で最も重要で影響力のあるデザイナーの1人だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.