くらし情報『「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」が今年も開催!2017年のテーマは“LOVE”』

2017年1月16日 18:00

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」が今年も開催!2017年のテーマは“LOVE”

agnes b. 写真コレクションより オリビア・ビー「Pre-Kiss」2010 年

(c) of the artist and Collection agnes b.


世界屈指の文化都市“京都”にて4月15日から5月14日まで、国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」が開催される。「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は、京都の趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間にて、国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを展示する写真祭。回を重ねるごとに好評を博しており、第4回までに約25万人が来場している。第5回となる今回は、国内外のアーティストが“LOVE”をテーマに、京都の寺社や町家などにて新作や撮りおろし作品を発表。写真家の荒木経惟は、名勝とされる池泉廻遊式庭園にて最新作「机上の愛」を日本初公開。同作では、人形や人体模型の一部や花などといった机の上に置かれたオブジェなどが写し出された。ラファエル・ダラポルタ(Raphael Dallaporta)は、約3万6千年前の人類最古の壁画が残ると言われる世界遺産のショーヴェ洞窟の作品を発表。保護のため非公開となっているショーヴェ洞窟に6 時間のみ立ち入りを許され、独自の手法で洞窟を360 度撮影したダラポルタが、立体的に配置された4K のLED パネルへ作品を投影したインスタレーションとプリントでショーヴェ洞窟の幻想的かつ礼厳な空間を再現する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.