くらし情報『「写真とは何か?」を問う写真分離派メンバーによる自主編集活動記録【NADiffオススメBOOK】』

2017年3月23日 21:00

「写真とは何か?」を問う写真分離派メンバーによる自主編集活動記録【NADiffオススメBOOK】

『写真分離派II 写真の非倫理』

木曜日連載、アート・ブックショップ「NADiff(ナディッフ)」各店による今読むべき1冊。今週は、『写真分離派II 写真の非倫理』。東京・恵比寿の本店・ナディッフ アパート(東京都渋谷区恵比寿1-18-4NADiff A/P/A/R/T1階)によるご紹介です。■『写真分離派II 写真の非倫理』写真家の鈴木理策、鷹野隆大、松江泰治、批評家の、倉石信乃、清水穣によって2010年に発足した写真分離派は、過渡期にある写真表現の実践と批評の双方から、写真というメディアの可能性を考察すべく活動を行ってきた同人である。「写真とは何か、写真の可能性はどこにあるのか。我々は今、改めて問いたいと思う。」という宣言文を掲げ、発足時の2010年に行われた展覧会以降の彼らの活動は写真関係者から若いアートファンまで高い関心を集めている。本書は2012年から2016年までの活動をまとめた著作集である。写真分離派メンバーによって企画、編集がなされ、展覧会の記録や、トークイベントの採録に加え、須田一政・杉本博司・荒木経惟の世代の異なる(写真分離派は全員1963年生まれ)写真家三氏に写真分離派メンバーがインタビューする読み応えのあるコンテンツも収録される。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.