くらし情報『ドラえもんと村上隆などアーティストが夢の競演! 15年ぶりに帰ってきた「THE ドラえもん展 TOKYO」』

2017年10月31日 20:30

ドラえもんと村上隆などアーティストが夢の競演! 15年ぶりに帰ってきた「THE ドラえもん展 TOKYO」

ドラえもんと村上隆などアーティストが夢の競演! 15年ぶりに帰ってきた「THE ドラえもん展 TOKYO」
村上隆『あんなこといいな 出来たらいいな』

「あなたのドラえもんをつくってください。」というオファーに、28組のアーティストたちが応えた作品展「THE ドラえもんTOKYO 2017」が11月1日から六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで始まる。ドラえもんと現代アートの競演により現代アートの“いま”を浮き彫りにする、本展の見どころをご紹介しよう。

1970年の誕生以来、コミック、アニメーション、映画、キャラクターグッズなど、さまざまな形で老若男女を問わず親しまれてきた国民的キャラクターの「ドラえもん」。本展は、2002年に開催された「THE ドラえもん展」の続編と位置付けられる内容でもあり、山下裕二(美術史家・明治学院大学教授)監修のもと、当時作品展示を行った村上隆奈良美智蜷川実花などのアーティストたちが、再び新作を展示している点も重要だ。古参のアーティストからは成長や作風の変化が、若いアーティストからは表現技法やテクノロジーの発達が、ドラえもんというフィルターを通して見て取れるかもしれない。

村上隆の大作『あんなこといいな 出来たらいいな』から始まり、古代中国の仙人たちの姿にドラえもんを重ねて描いた福田美蘭の『波上群仙図』、ドラえもんとの1日デートをアルバムに収めた蜷川実花の『ドラちゃん1日デートの巻2017』、牛皮をキャンバスに用いた鴻池朋子の『しずかちゃんの洞窟(へや)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.