くらし情報『「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」東京ミッドタウンで開催』

2018年1月2日 17:00

「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」東京ミッドタウンで開催

東京ミッドタウン内の展示施設、21_21 DESIGN SIGHTでは数々の著書や展覧会の企画で知られる、写真評論家で美術史家の伊藤俊治がディレクションを行う企画展「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」を、2018年2月23日から6月10日まで開催する。

「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」東京ミッドタウンで開催
ウィリアム・クライン「Self portrait, Paris 1995( Painted 1995)」
テーマは20世紀を代表とする写真家、ウィリアム・クライン(William Klein)。写真、映画、デザイン、ファッションのジャンルを超えた表現と、ニューヨーク、ローマ、モスクワ、東京、パリなどの世界の都市を捉えた作品で、現代の視覚文化に決定的な影響を与えたスーパースターだ。そんな20世紀を代表する彼の写真と映画、グラフィック、コンタクトプリント、写真集、巨大写真などの多種多彩なイメージを一堂に集めて展示をするほか、映像作家 TAKCOMとともにマルチ・プロジェクションを行う。

彼の都市ヴィジョンとともに、斬新な眼差しで21世紀の都市と人間を見つめる、石川直樹勝又公仁彦、沈 昭良、須藤絢乃多和田有希西野壮平、朴 ミナ、藤原聡志水島貴大、森永泰弘安田佐智種ら、11名の日本やアジアの写真家たちを紹介。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.