くらし情報『日本の文化、市場を足がかりにグローバルに向かう次世代シューズブランド【伊MICAMレポート】』

日本の文化、市場を足がかりにグローバルに向かう次世代シューズブランド【伊MICAMレポート】

2018年2月20日 19:30
 

2月11日から14日に開催された靴の総合見本市「ミカム(MICAM 85)」で、今回から新たに、期待の若手12ブランドを集めた「エマージングデザイナー(Emerging Designer)」ゾーンが設置された。

選考にはシューズデザイナーのエルネスト・エスポジト (Ernesto Esposito)、アートディレクターのマルコ・ブラガ(Marco Braga)やファッションエディターのアレックス・ヴァカーニ(Alex Vaccani)などがあたり、その革新性、市場性、技術性など様々な角度から各々異質なブランドを基本と言うことを軸に選出されたという。

アンダーカバー、A&Sとコラボを手掛けるアデュー
日本の文化、市場を足がかりにグローバルに向かう次世代シューズブランド【伊MICAMレポート】
アデューとアンダーカバーのコラボレーション

日本の文化、市場を足がかりにグローバルに向かう次世代シューズブランド【伊MICAMレポート】
アデューとアーツ&サイエンスのコラボレーション
パリをベースに活動するアデュー(ADIEU)は仏でハンドメイドのシューズメイキングを学んだベンジャミン・キャロン(Bemjamin Caron)と、アルベール・エルバスやギ・ラロッシュ、イヴ・サンローランなどで経験を積んだイザベル・ゲドン(Isabelle Guedon)が5年前にブランドをスタート。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.