くらし情報『6組のアーティストが“新しいクローゼット”を表現する企画展、隅田川沿いCPK GALLERYで開催』

2018年10月17日 10:00

6組のアーティストが“新しいクローゼット”を表現する企画展、隅田川沿いCPK GALLERYで開催

東京・台東区、隅田川沿いのシーピーケーギャラリー(CPK GALLERY)では、6組のデザイナーとアーティストによる企画展「OPEN CLOSET」を、10月20日から11月9日まで開催する。

6組のアーティストが“新しいクローゼット”を表現する企画展、隅田川沿いCPK GALLERYで開催

クローゼットは衣服を保管、収納する場所。本展では“新しいクローゼット”をテーマに、デザイナーやアーティストが、それぞれが表現する“新しいクローゼット”を発表する。会場となるシーピーケーギャラリーは、アパレル向けのハンガー、マネキン、什器をつくる日本コパック株式会社が「服の見せ方」を考えるギャラリーとして、ファッションを多角的に発信する場として今春オープンした。

参加するのは、様々な空間やプロダクトのデザインなどを手掛けるDAYSの西尾健史、異素材を掛け合わせる製作スタイルで、店舗内装、什器、オブジェなどを製作するインテリアアーティスト・StudioBOWL、アクリルや樹脂を使用したアートピースや、光を使用した空間インスタレーション、ウィンドウディスプレイなどのデザインを行う、ATELIER maticの外山翔、空間デザインを基軸に広告、雑誌のプロップスタイリング、イベントのプロデュースを行なうデザインスタジオ・HYOTA、香川県出身の彫刻家・大川原暢人、“服と暮らす”をテーマに、衣類周りに特化したインテリア雑貨ブランド・クローキー(clokee)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.