くらし情報『ルイ・ヴィトン、“東京”に着想を得たヴァージル・アブローによる初の2019秋冬プレコレクション発売』

2019年4月12日 11:30

ルイ・ヴィトン、“東京”に着想を得たヴァージル・アブローによる初の2019秋冬プレコレクション発売

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、メンズ アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける初の2019秋冬プレコレクションを発表。5月1日の全国発売に先駆け、4月26日よりルイ・ヴィトン 新宿店ならびに阪急メンズ店にて先行発売する。

ルイ・ヴィトン、“東京”に着想を得たヴァージル・アブローによる初の2019秋冬プレコレクション発売
Photographer:Nick Sethi
ヴァージル・アブローにとって、ルイ・ヴィトンでは初のプレコレクションとなる今回。過去と現在、未来が交差する文化のるつぼ「東京」が全体のモチーフとなり、日本の公共サービスに見られるユニフォームやアウトドアライフ、スポーツといった日常の光景がワードローブステイプルズやカラーのインスピレーション源となっている。またグラフィックには日本へのオマージュが込められている。

マルチエンブレムのウィンドブレーカーやシャツ、Tシャツはラジコンボートレースで着用されるジャケットにインスパイアされたもの。トレンチコートやパーカは、ネイビーの日本製ウォータープルーフファブリックやブラックレザーで仕立てられ、ブライトブルーの軽量フーデッドレザーパーカと共に、ウォータースポーツのドレスコードを取入れている。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.