くらし情報『ヒュンメルが被爆地の女子高生と考えたピースユニフォームを発表、戦争のない平和な未来を願って』

2020年8月25日 12:30

ヒュンメルが被爆地の女子高生と考えたピースユニフォームを発表、戦争のない平和な未来を願って

被爆70年となる2015年より、スポーツを通して平和を訴える“ピースユニフォーム”をリリースしてきたヒュンメル(hummel)。被爆75年となった今年は、広島文教大学附属高等学校の生徒たちと共同で手がけたピースユニフォームを発表した。

ヒュンメルが被爆地の女子高生と考えたピースユニフォームを発表、戦争のない平和な未来を願って
戦争と平和を表すピースユニフォーム
今回、ピースユニフォームをデザインしたのは、広島の女子高校生11名。彼女たちが通う広島文教大学附属高等学校では、被爆地・広島市にある学校として、平和への想いについて伝え、考える取り組みをしている。

そうした同校の取り組みに合わせ、サッカー部の3年生のうち11名が所属する「スポーツ・カルチャークラス」でも、同様の活動を行いたいと、サッカー部顧問・松木俊博先生から、ヒュンメルに相談があったことが、本プロジェクトを共に手掛けることとなったきっかけだという。

授業では、生徒それぞれが平和について考え、描いたラフ案をもとにディスカッションを深めた。ヒュンメルの担当者も授業に加わり、デザインを決定。

ヒュンメルが被爆地の女子高生と考えたピースユニフォームを発表、戦争のない平和な未来を願って

ついに、戦争と平和をイメージしたユニフォームが完成した。

ヒュンメルが被爆地の女子高生と考えたピースユニフォームを発表、戦争のない平和な未来を願って
フィールド用は、オレンジをベースに「原爆の炎」と「美しい広島の紅葉」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.