くらし情報『世界最大規模の消費財見本市「アンビエンテ2015」2月に開催。日本の若きデザインユニットも参加』

2014年12月3日 09:00

世界最大規模の消費財見本市「アンビエンテ2015」2月に開催。日本の若きデザインユニットも参加

ヤングデザイナーアワードを受賞した「ALT DESIGN WORKS」とアンビエンテ/テンデンス総責任者の二コレット・ナウマン氏

ヤングデザイナーアワードを受賞した「ALT DESIGN WORKS」とアンビエンテ/テンデンス総責任者の二コレット・ナウマン氏

2015年2月13日から17日の期間、ドイツ・フランクフルト国際見本市会場にて開催される、世界最大規模の消費財見本市「アンビエンテ2015」の概要が、11月26日から3日間東京ビッグサイトを会場に行われた、アンビエンテの関連見本市の一つである「IFFT/インテリアライフスタイルリビング」で公表された。

同見本市は、有数のグローバルカンパニーから新進気鋭の若手デザイナーまで世界中から4,700社以上の企業が集結する年2回の世界最大の消費財見本市。前回、2014年に開催の際には5日間で89ヶ国、4,749の出展者が参加。160を超える国々から約14万4,000人の来場者が訪れたという実績を持つ。主催は、世界各国で 年間約100本の見本市を開催している「メッセフランクフルト GmbH」。

アンビエンテ2015の会場は、「ダイニング」「リビング」「ギビング」と三つのセクションに分かれ、テーブルウエア、キッチン用品、家庭用品だけでなく、ギフト雑貨、ハウスウエア、ジュエリー、コスメ、インテリア、インテリア装飾品など全ての消費財が展示される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.