くらし情報『ルイ・ヴィトン「エスカル」ミニマルな新作腕時計、“モノグラム・キャンバス風”質感の3針ダイヤル』

ルイ・ヴィトン「エスカル」ミニマルな新作腕時計、“モノグラム・キャンバス風”質感の3針ダイヤル

ルイ・ヴィトン「エスカル」ミニマルな新作腕時計、“モノグラム・キャンバス風”質感の3針ダイヤル

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の腕時計コレクション「エスカル」から、2024年の新作腕時計が登場する。

ミニマルな3針ダイヤルの「エスカル」腕時計
これまでに、複雑機構を搭載した技巧的なデザインの腕時計を展開してきた、ルイ・ヴィトンの「エスカル」コレクション。そんな「エスカル」コレクションより、初めて時針・分針・秒針の3針による時刻表示のみにフォーカスしたミニマルな腕時計が提案される。

ラインナップするのは全4型。そのうちの2型は、ローズゴールドのケースに洗練されたシルバーあるいはブルーのダイヤルを合わせたモデル。一方の2型は、きらめくプラチナをケースに採用し、希少な素材をダイヤルに取り入れたモデルだ。

「モノグラム・キャンバス」風シボ入りダイヤル
ローズゴールドケースに組み合わせたダイヤルは、ルイ・ヴィトンのアイテムで定番となっている「モノグラム・キャンバス」をイメージした質感が魅力。細かいシボのある表面を再現し、金属製の腕時計にしなやかな印象をプラスしている。


“隕石”やオニキスの希少素材ダイヤル
プラチナケースの腕時計には、センターダイヤルに“隕石”を用いたユニークな模様のモデルと、深みのあるブラックのオニキスをセンターダイヤルに取り入れたモデルが登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.