くらし情報『小説『私にふさわしいホテル』のん主演で映画化、文学史上最も不遇な新人作家の逆襲』

小説『私にふさわしいホテル』のん主演で映画化、文学史上最も不遇な新人作家の逆襲

小説『私にふさわしいホテル』のん主演で映画化、文学史上最も不遇な新人作家の逆襲

映画『私にふさわしいホテル』が2024年12月に公開される。主演はのん。

“文学史上最も不遇な新人作家”を描く『私にふさわしいホテル』
『私にふさわしいホテル』は、柚木麻子による小説。柚木は、2008年にオール讀物新人賞を受賞した短編「フォーゲットミー、ノットブルー」を含む単行本『終点のあの子』でデビューし、『ランチのアッコちゃん』や『BUTTER』、『あいにくあんたのためじゃない』などの作品でも知られる。

“文学史上最も不遇な新人作家”の逆襲を描いた物語となっており、文壇の裏側に迫るリアリティとスピード感溢れる展開などが魅力だ。

破天荒でチャーミングな主人公・加代子役にのん
そんな『私にふさわしいホテル』が、主演にのんを迎えて映画化。映画『さかなのこ』で第46回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞し、俳優のみならずアーティストやクリエイターとしても活躍しているのんが、激しくもチャーミングな人柄の主人公・加代子を演じる。

主人公・加代子…のん
新人賞を受賞したものの、大御所作家・東十条宗典の酷評により小説を発表する場も得られなかった不遇な新人作家。
力強くも繊細で、破天荒な性格。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.