くらし情報『『WIND BREAKER』初の展覧会が松屋銀座で、描き下ろしイラストやフォトスポットなど』

『WIND BREAKER』初の展覧会が松屋銀座で、描き下ろしイラストやフォトスポットなど

『WIND BREAKER』初の展覧会が松屋銀座で、描き下ろしイラストやフォトスポットなど

展覧会「WIND BREAKER(ウィンドブレイカー)展」が、2024年8月16日(金)から9月4日(水)まで、東京の松屋銀座 8階 イベントスクエアにて開催される。今後は、京都や福岡など全国の巡回も予定している。

新世代のヤンキー漫画『WIND BREAKER』初の展覧会
『WIND BREAKER』は、週刊少年マガジンの公式アプリ「マガジンポケット」にて連載されている、にいさとるの漫画作品だ。喧嘩のトップを目指すため、超不良校として名高い風鈴高校に入学した主人公・桜遥(さくらはるか)は、現在の風鈴高校が“防風鈴”と名付けられた街を守る集団になっていることを知る。防風鈴の一員となった桜は街を守るべく戦いに挑むという、新世代のヤンキー漫画となっている。2024年4月からはアニメ化もされ、話題を呼んだ。

描き下ろしイラストやフォトスポット
そんな『WIND BREAKER』の初となる展覧会「WIND BREAKER展」では、原作のにいさとるや、アニメーション制作のクローバーワークス(CloverWorks)が新たに描き下ろしたイラストをはじめ、作品の世界観に入り込んだ写真が撮影できるフォトスポットなどを用意。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.