くらし情報『ファンダメンタル 2025年春夏コレクション - インディゴに見る20年の軌跡』

ファンダメンタル 2025年春夏コレクション - インディゴに見る20年の軌跡

ファンダメンタル 2025年春夏コレクション - インディゴに見る20年の軌跡

ファンダメンタル(FDMTL)の2025年春夏コレクションが、2024年6月11日(火)に東京・四ツ谷のIMAGE STUDIOにて発表された。テーマは“Can’t remember”。

インディゴのワークウェアをベースに
ブランド20周年を記念し、ランウェイショーを決行したファンダメンタル。節目を告げるランウェイでは、アーカイブのパターンや生地をアレンジしたルックが出揃った。たとえばブランド創業時より大事にしているインディゴのワークウェア。デニムジャケットにカーゴ風のハーフパンツを合わせるなどして、これまでの総集編としてのルックを展開した。

パッチワークのテーラードジャケット
アイコニックなパッチワーク使いも健在。インディゴ特有の色落ちやアタリ感など、経年変化を楽しめる生地を複数合わせ、格子状にステッチをあしらったテーラードジャケットとパンツのセットアップがその好例だ。


リラクシングなオーバーサイズで
シルエットは総じてゆったりとしたビッグシルエットに。中でもシグニチャーアイテムの1つ、羽織タイプのジャケットは、ゆとりのあるロング丈にアレンジ。ロングジャケットの下には、着物のような前立てが特徴のデニムシャツをレイヤードするなど、リラクシングなオーバーサイズのアイテム同士を組み合わせた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.