くらし情報『「ゴッホとゴーギャン展」東京&愛知で開催 - 二人の作品を同時に鑑賞できる日本初の展覧会』

2016年6月10日 18:00

「ゴッホとゴーギャン展」東京&愛知で開催 - 二人の作品を同時に鑑賞できる日本初の展覧会

「ゴッホとゴーギャン展」東京&愛知で開催 - 二人の作品を同時に鑑賞できる日本初の展覧会


展覧会「ゴッホとゴーギャン展」が、2016年10月8日(土)から12月18日(日)までの間、東京都美術館で開催。また、2017年1月3日(火)から3月20日(月・祝)のまでの期間は、愛知県美術館にて巡回する。

世界中の人々に愛され続けている画家、フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャン。それぞれ別々で展覧会を開催することは珍しくないが、二人の画家の関係性に焦点を当てた展覧会は日本初だ。本展では、所蔵する美術館からの借用が特に難しいというゴッホとゴーギャンの貴重な作品に加え、彼らに影響を与えた、モネやミレーらの作品約10点を含む、約60点が展示される。

展覧会は年代順に5章で構成。ゴッホとゴーギャンが画家を志した当初の代表作品から、二人が共同生活中に描いた絵画、その共同生活が破たんした後のピースへと、順を追って鑑賞することができる。最終章では、ゴッホ死去の翌年、タヒチへ渡ってからゴーギャンが描いた作品も登場。

注目はゴッホとゴーギャンが“収穫”という同じ主題を描き、お互いに最高傑作と認め合った2つの絵画だ。二人の絵画を見比べることができる特別な機会となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.