くらし情報『展覧会「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」が京都で - アフレスコ技法を駆使した鮮やかな代表作が集結』

2017年7月15日 16:25

展覧会「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」が京都で - アフレスコ技法を駆使した鮮やかな代表作が集結

展覧会「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」が京都で - アフレスコ技法を駆使した鮮やかな代表作が集結

展覧会「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」が、京都国立近代美術館にて2017年8月22日(火)から10月15日(日)まで開催される。

本展は、日本の美術界において第一線で活躍している作家・絹谷幸二の、多彩な仕事の全貌に迫る展覧会。初期から現在に至るまでの絵画の代表作が展示されるほか、陶芸やガラス作品、映像作品といった幅広い表現活動まで一挙に紹介される。

日本の第一線で活躍する画家・絹谷幸二
絹谷幸二は、1966年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院の壁画科へ進学し、ヨーロッパの壁画技法であるアフレスコ(フレスコ画)の研究に没頭。1971年にイタリアへ留学し、アフレスコ古典画法および現代アフレスコの研究に取り組み、帰国後に画家の登竜門である安井賞を歴代最年少で受賞した。

絹谷の作品は、アフレスコ技法を駆使した色彩豊かでエネルギッシュな画面が特徴だ。劇画の要素を取り入れた表現によって、新たな絵画ジャンルを切り開くなど日本の文化発展に貢献したほか、日本芸術院会員、文化功労者としても活躍している。

本展の見どころ
本展の見どころは、初期の代表作として知られる《アンジェラと蒼い空Ⅱ》が、これに先立つ《アンジェラと蒼い空Ⅰ》と初めて並んで展示されることだ(※前期のみ)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.