くらし情報『映画『レディ・プレイヤー1』スピルバーグ監督最新作 -「VR」が舞台のSFアドベンチャー』

2017年7月28日 13:15

映画『レディ・プレイヤー1』スピルバーグ監督最新作 -「VR」が舞台のSFアドベンチャー

映画『レディ・プレイヤー1』スピルバーグ監督最新作 -「VR」が舞台のSFアドベンチャー

スティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』が2018年4月20日(金)に公開される。

スティーブン・スピルバーグ監督最新作
本作は、スティーブン・スピルバーグ監督最新作。彼はこれまで『E.T.』『ジュラシック・パーク』『A.I.』『マイノリティ・リポート』と数々の“SF映画の金字塔”を打ち立て続けてきた。そして『シンドラーのリスト』『プライベート・ライアン』において2度のアカデミー賞監督賞に輝き、監督作のトータル世界興行収入は93億6000万ドルを超えると言われている。

「VR」が舞台のSFアドベンチャー
そんな彼の最新作は、アーネスト・クラインによるベストセラー小説「ゲームウォーズ」の実写化。VR(バーチャルリアリティ)を舞台にしたSFアドベンチャーとなっている。

リアルVRワールド「オアシス(OASIS)」とは?
日米の超有名キャラクターたちが大集結、夢が叶えられる超リアルVRワールド[OASIS]は、人々の唯一の居場所だった。作り出したのはハリデーといういかにも堅物の天才。

舞台は貧困の差が激しい2045年。人類の歴史を変えた仮想ネットワークシステム「オアシス」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.