くらし情報『京都水族館で「ちんあなご」の特別展示 - 砂の中を観察できる水槽やムービー、ARゲームも』

2017年10月19日 14:00

京都水族館で「ちんあなご」の特別展示 - 砂の中を観察できる水槽やムービー、ARゲームも

京都水族館で「ちんあなご」の特別展示 - 砂の中を観察できる水槽やムービー、ARゲームも

京都水族館では、「ちんあなごだらけの京都水族館2017」が2017年11月1日(水)から30日(木)まで開催される。

「チンアナゴ」は、ウナギ科アナゴ科の海水魚で、細長い体の半分から頭部をまるで砂底から生えているように外に出している姿がユニークな生き物だ。その姿が1にそっくりなことから、11月11日は「チンアナゴの日」とされている。

期間中は、チンアナゴとその仲間のニシキアナゴを111匹ずつ特別展示するほか、彼らをじっくりと観察できる「ちんあなごアカデミー」をオープン。砂の代わりに透明ゲルを使用することで、砂の中の様子を観察できる水槽が用意されたり、彼らが泳ぐ瞬間やご飯を食べる瞬間を収めたムービーが楽しめたりする。

また、チンアナゴと一緒にモンスターを倒すARゲーム「HADO SHOOT!」も登場。臨場感溢れるCG空間でチンアナゴの巣穴を狙うモンスターを倒す体感アトラクションだ。さらに休憩にぴったりのハーベストカフェでは、期間限定の「ちんあなごだらけのパフェ」を販売。11匹のチンアナゴが砂から顔を出すユニークなパフェとなっている。

【詳細】
ちんあなごだらけの京都水族館2017
期間:2017年11月1日(水)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.