くらし情報『マリオットの日本初上陸ブランド「W ホテル」が大阪に - 設計顧問に安藤忠雄、プールやスパも併設』

2018年1月13日 20:20

マリオットの日本初上陸ブランド「W ホテル」が大阪に - 設計顧問に安藤忠雄、プールやスパも併設

マリオットの日本初上陸ブランド「W ホテル」が大阪に - 設計顧問に安藤忠雄、プールやスパも併設

マリオット・インターナショナルが展開するホテルブランド「W ホテル(ダブリュー ホテル)」が「W OSAKA(ダブリュー オオサカ)」として、2021年3月16日(火)に大阪で開業する。

ホテル「W OSAKA」
「W OSAKA」は、様々なショップやレストラン、企業のオフィスが立ち並ぶ大阪の御堂筋沿いに位置する、道頓堀などの観光スポットへのアクセスも容易なロケーションに開業予定。ツーリストだけでなく、ビジネスマンも活用できる便利な立地だ。

敷地面積2,544平方メートル、地上27階に及ぶホテルの設計顧問を務めるのは、日本を代表する建築家・安藤忠雄。客室は「エクストリーム WOW スイート」1室、「WOW スイート」2室をはじめとした50室のスイートを含む全337室で構成される。

"大阪の街"イメージの客室

各客室には、大阪の街を象徴するデザインとして、道頓堀のネオンライトをイメージしたネオン装飾を施した。ネオンライトを点灯することによって、昼と夜で異なる雰囲気を楽しめるユニークな客室デザインだ。

スタンダードルームでは、フロアによって異なる2種類のテーマカラーを設定。1つは日本を象徴する "桜の花"をイメージしたピンクを、もう一方は"大阪港に広がる海"に着想を得たブルーを採用した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.