くらし情報『「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」3000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢』

2018年3月9日 21:35

「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」3000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢

「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」3000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢

「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」が福岡にて開催。2018年3月16日(金)から5月16日(水)の期間、JR九州ホールにて開催される。

過去に2回、JR九州ホールで開催され、約50万人を動員してきた「アートアクアリウム展」。3回目となる今回は、3000匹の金魚が泳ぐ「超・花魁」をはじめ、九州発上陸の作品など、過去最大規模の展示内容で登場する。

3000匹の金魚が泳ぐ「超・花魁」
「アートアクアリウム」の10周年を記念した、世界最大の金魚鉢「超・花魁」。3000匹の金魚が舞い泳ぐ水槽は、7色に光り輝くライティングで艶やかに演出される。メインにふさわしい圧倒的なスケールの作品だ。

滝のように水が流れる「パラダイス・フォール」
「パラダイス・フォール」は、川に見立てたアクアリウムを、ひな壇のように展示して、滝のように水が流れるよう演出した作品。上部を覆わない横長の水槽には、美しい魚が無数に泳ぎ、横の階段を上り降りすることで、横からも上からも作品を楽しむことができる。

雪洞に泳ぐ金魚が影絵のように美しい「ボンボリウム」
まるで影絵のような「ボンボリウム」は、アクアリムを江戸時代から親しまれてきた雪洞に見立てた作品。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.