くらし情報『「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」3000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢』

「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」3000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢

2018年3月9日 21:35
 

関連リンク

・ウミガメと泳ぐ★ハワイの朝
・京都水族館「WOW!金魚あそび」金魚が妖精のように泳ぐ水槽や金魚鉢ドリンクなど
・アンティーク・レース展が渋谷区立松濤美術館で開催中、中近世ヨーロッパの美と技の粋を集めた約170点が並ぶ
「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」3000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢

「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~」が福岡にて開催。2018年3月16日(金)から5月16日(水)の期間、JR九州ホールにて開催される。

過去に2回、JR九州ホールで開催され、約50万人を動員してきた「アートアクアリウム展」。3回目となる今回は、3000匹の金魚が泳ぐ「超・花魁」をはじめ、九州発上陸の作品など、過去最大規模の展示内容で登場する。

3000匹の金魚が泳ぐ「超・花魁」
「アートアクアリウム」の10周年を記念した、世界最大の金魚鉢「超・花魁」。3000匹の金魚が舞い泳ぐ水槽は、7色に光り輝くライティングで艶やかに演出される。メインにふさわしい圧倒的なスケールの作品だ。

滝のように水が流れる「パラダイス・フォール」
「パラダイス・フォール」は、川に見立てたアクアリウムを、ひな壇のように展示して、滝のように水が流れるよう演出した作品。上部を覆わない横長の水槽には、美しい魚が無数に泳ぎ、横の階段を上り降りすることで、横からも上からも作品を楽しむことができる。

雪洞に泳ぐ金魚が影絵のように美しい「ボンボリウム」
まるで影絵のような「ボンボリウム」は、アクアリムを江戸時代から親しまれてきた雪洞に見立てた作品。金魚を1匹だけを泳がせた各雪洞は、ぼんやりと照らし出される金魚と、ゆっくりと変化する光の競演が楽しめる。

さらに、18:00以降には「ナイトアクアリウム」が開催。会場内でドリンク片手に作品を鑑賞することができる。

【詳細】
アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~
期間:2018年3月16日(金)~5月16日(水)
時間:平日 10:00~18:00
開催場所:JR九州ホール
住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F
入場料金:
・当日 大人1,000円、小中学生600円※未就学児無料(保護者同伴、大人1名につき2名まで)
・前売 大人900円、小中学生500円
※日時指定券は平日 2,000円、土日祝 3,000円(セブンチケットのみで取り扱い)1時間毎時締め切り。
※「身体障害者手帳」を持参の場合、本人付き添い1名まで前売り券料金にて割引販売。必ず証明できる手帳(コピー不可)を提示。手帳の提示が無い場合は通常料金となる。■ナイトアクアリウム
時間:平日 18:00~21:00、金・土・祝祭日前 18:00~22:00 ※最終入場 21:30(平日は20:30)
内容:音楽や照明の演出が変わり、ドリンクを片手に楽しめる。
※土・祝祭日前はスペシャルライブあり。(ライブパフォーマンスは20:30頃から)
※入場料変動なし、入替なし、飲み物の注文は任意。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.