くらし情報『「ジブリの大博覧会」兵庫県立美術館で - ナウシカからマーニーまで、トトロやネコバスも登場』

「ジブリの大博覧会」兵庫県立美術館で - ナウシカからマーニーまで、トトロやネコバスも登場

2018年4月1日 14:35
 

関連リンク

・株式会社ぜんのヨガ・ピラティス合同ランニング企画で心の満足を
・日本初上陸“世界で最もずぶ濡れになる音楽フェス” 第一弾DJラインナップ発表!
・仕事に悩んだら。眠った才能が開花する!?辛酸なめ子さんオススメの知的スポットへ

「ジブリの大博覧会 〜ナウシカからマーニーまで〜」が、2018年4月7日(土)から7月1日(日)まで、兵庫県立美術館 ギャラリー棟にて開催される。

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、そして世に出て行ったのか。本展では、当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書などの未公開資料を含む数多くの資料が所狭しと展示される。

ジブリの大博覧会の展示内容
展示は、さまざまな試行錯誤から生み出された宣伝の軌跡を、膨大な資料とともに読み解く「ジブリの大博覧会」展、特別企画「スタジオジブリ空とぶ機械達」展、大博覧会限定のグッズや過去作品のジブリグッズが手に入る「物販ショップ」などで構成される。

スタジオジブリ空とぶ機械達」展
頭上には、プロペラを回しながら飛ぶ大きな船が登場。スタジオジブリ作品のイメージのひとつ“空への憧れ”を表現した作品に、来場者は圧倒されるに違いない。

「ジブリの大博覧会」展
スタジオジブリの30年が詰まった展示室。映画ポスター、無数の新聞広告の切り抜き、過去に展開されてきた映画関連アイテムなどを通して、それぞれの作品の公開当時が鮮やかに蘇ってくる。また、展示物だけでなく空間で楽しむエリアも。スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫の再現デスクや、大人でも中に入り込むことができるネコバスエリアは、ファンの心をくすぐるはず。

スタジオジブリの設立(1985年)からおよそ30年間の歩みを体感できる「ジブリの大博覧会 〜ナウシカからマーニーまで〜」に、是非足を運んでみてはいかがだろう。

開催概要
ジブリの大博覧会 〜ナウシカからマーニーまで〜
会期:2018年4月7日(土)~7月1日(日)
会場:兵庫県立美術館 ギャラリー棟(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号)
開館時間:10:00~18:00 ※金・土は20:00まで、ただし6月1日(金)・2日(土)・8日(金)・9日(土)は除く。入館は各閉館30分前まで。
休館日:月曜日 ※祝日の場合は開館し、翌日休館。
観覧料:
・平日限定前売 一般 1,300円/大高生 900円/中小生 400円
・前売 一般 1,400円/大高生 1,000円/中小生 500円
・当日 一般 1,600円/大高生 1,200円/中小生 700円
販売場所:ローソンチケット・ぴあ・イープラス・セブンチケット・楽天 他

【チケット問合せ先】
ローソンチケット内
TEL:0570-000-341(10:00~20:00)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.