くらし情報『「星空テラス at La Jyho」惑星&恒星カクテルをビュッフェとともに、京都センチュリーホテルで』

「星空テラス at La Jyho」惑星&恒星カクテルをビュッフェとともに、京都センチュリーホテルで

2018年4月15日 12:25
 

関連リンク

・【ディズニー】シェフ・ミッキーが全時間帯で90分制導入 グリーティング回数も固定に
・佐野岳が“エロ筋”ショット披露 目を奪われたみちょぱ「噛みたい」
・子どもを産んでから、仕事が楽しい。木下優樹菜が伝えたいこと

京都センチュリーホテルは、惑星をイメージした幻想的なカクテルをディナービュッフェと楽しめる「星空テラス at La Jyho」を開催。期間は、2018年5月9日(水)から8月31日(金)まで。

2012年にオープンした「星空テラス~Cafe&Bar~」で、毎年好評を博していた「惑星カクテル」が、ビュッフェレストラン「オールデイダイニング ラジョウ」に初登場。「星空テラス at La Jyho」として、開催することとなった。季節やテーマにあわせた、こだわりの料理が揃うディナービュッフェとともに、幻想的なカクテルを味わうことができる。5月9日(水)から7月3日(火)までの期間中は、「MEAT FESTIVAL at La Jyho」をテーマに、ジューシーな肉料理がバラエティ豊かに揃う、“肉の祭典”を開催。

惑星カクテルは、ピーチネクターとストロベリーリキュールを合わせたマーズ(火星)、メロンリキュールとキウイシロップ、そしてソーダからなるジュピター(木星)など、それぞれの惑星をイメージした8種が揃う。さらに、5月9日(水)から6月30日(土)までは、青白く輝くおとめ座の1等星“スピカ”をイメージした「恒星カクテル」を用意する。

店内は、京都発祥のライフスタイルショップ「INOBUN」が監修。“緑豊かな夏のガーデン”をテーマに掲げ、爽やかなグリーンと煌くイルミネーションで、星空の下で楽しむガーデンパーティーを想わせるロマンティックなひとときを演出する。

【詳細】
星空テラス at La Jyho
期間:2018年5月9日(水)~8月31日(金)
場所:京都センチュリーホテル2F「オールデイダイニング ラジョウ」
住所:京都府京都市 下京区東塩小路町680
時間:
月~木曜日 17:30~21:00 (時間内制限なし)※最終入店20:00
金~日曜日・祝日 1部 17:30~19:00、2部 19:30~21:00 (90分制)
料金:カクテル単品 800円~、星空フリーフロープラン(90分) 2,900円
予約・問い合わせ:075-351-0085(レストラン総合受付 10:00~20:00)
※ディナービュッフェ利用者のみオプションとして注文可能。
※ホテル改装工事に伴い、チャペル前ガーデンでの「星空テラス~Cafe & Bar~」及び、天体観測の開催はなし。■期間限定の恒星カクテル「スピカ」詳細
提供期間:5月9日(水)~6月30日(土)
※7月1日(日)~8月31日(金)は新カクテルを提供予定。

■ビュッフェ「MEAT FESTIVAL at La Jyho」概要 ※7月4日(水)以降はビュッフェ内容が異なる。
期間:5月9日(水)~7月3日(火)
場所:京都センチュリーホテル2F「オールデイダイニング ラジョウ」
時間:
ランチ
月~土曜日・祝日 12:00~14:30 (時間内制限なし)
日曜日 11:30~13:00 (90分制)
<ディナー>月~木曜日 17:30~21:00 (時間内制限なし) ※最終入店20:00
金~日曜日・祝日 1部 17:30~19:00、2部 19:30~21:00 (90分制)

・料金
ランチ
平日:大人 3,200円、7-12歳 1,600円、4-6歳 900円
土・日・祝日 大人 3,900円、7-12歳 2,000円、4-6歳 1,000円
<ディナー>
平日:大人 4,500円、7-12歳 2,300円、4-6歳 1,200円
土・日・祝日:大人 5,000円、7-12歳 2,500円、4-6歳 1,200円
※価格は税・サービス料込み。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.