くらし情報『サンリオピューロランドのホラーイベント「オバケンゾンビランド」閉館後の館内に大量のゾンビ』

2018年4月21日 14:15

サンリオピューロランドのホラーイベント「オバケンゾンビランド」閉館後の館内に大量のゾンビ

サンリオピューロランドのホラーイベント「オバケンゾンビランド」閉館後の館内に大量のゾンビ

サンリオピューロランドでは、ホラーイベント「オバケンゾンビランド in サンリオピューロランド 2018」を、2018年6月9日(土)と6月16日(土)の2日間で開催する。

閉館後の館内に大量のゾンビが徘徊
閑静な住宅街を拠点に展開しているミッションクリア型お化け屋敷「オバケン」と共同で開催される本イベントは、毎年チケットが完売する人気のミッションクリア型ホラーイベント。

大量のゾンビが徘徊する館内で、各アトラクションや駐車場など、区分けされた6つのエリアで様々なミッションが出現。参加者は、ゾンビウイルスに感染しないように「逃げる」「隠れる」「撃つ」など様々な方法を取りながら、隠されたパスワードを解読・記憶してミッションに挑戦。見事全てのエリアでミッションをクリア出来れば、イベント限定のバッジがプレゼントされる。

「セーフエリア」でゾンビと記念撮影
ピューロランド内に設置された安全な「セーフエリア」では、ゾンビとの写真撮影も可能。また「お楽しみゾーン」には、ゾンビから逃げ疲れた参加者を癒すため、おばけに扮した「ゴーストキティ」と「ヴァンパイアキティ」が遊びにやってくる。赤く染まった戦慄の館内で唯一の“癒しスポット”として、今年も参加者に束の間の休息を与えてくれそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.