くらし情報『ジェイエムウエストンのアイコンシューズ -“気分を変える”オックスフォードやローファー』

2018年7月3日 14:50

ジェイエムウエストンのアイコンシューズ -“気分を変える”オックスフォードやローファー

ジェイエムウエストンのアイコンシューズ -“気分を変える”オックスフォードやローファー

ジェイエムウエストン(J.M. WESTON)は、フランス・パリにてアイコンシューズにフォーカスした「27足の靴のデフィレ(DEFILE POUR 27 CHAUSSURES)」を発表した。

物語が始まる、ジェイエムウエストンのアイコンシューズ
フランス語でファッションショーや軍事パレードの両方を意味する「デフィレ」。ジェイエムウエストンが2019年春夏パリファッションウィークに行った「デフィレ」では、アーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクターオリヴィエ・サイヤールが、ダンサー/振付師のマチルド・モニエと共にアイコンシューズを題材とし、最初は裸足だったマチルドが、ローファーやサイドゴアブーツ、オックスフォードなどのアイコンシューズに次々と履き替え、変わっていく情緒的変化を捉えた。

本記事では、ストーリーの中で取り上げられていた11足の靴のうち、最もブランドを象徴するモデルをピックアップ。マチルドが靴を履いて気分を高揚させ足取りを変えたように、新しい物語のはじまりを予期させる、気持ち高鳴るフレンチトラッドなメンズ・ウィメンズのアイコンシューズを紹介する。

シグニチャーローファー
創始者によりデザインされた、ブランドのフラッグシップモデルである「180:シグニチャーローファー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.