くらし情報『『鋼の錬金術師展』神戸・新潟・愛知・福岡で開催 - 荒川弘の描く生原稿で“ハガレン”の世界へ』

2018年7月2日 17:35

『鋼の錬金術師展』神戸・新潟・愛知・福岡で開催 - 荒川弘の描く生原稿で“ハガレン”の世界へ

『鋼の錬金術師展』神戸・新潟・愛知・福岡で開催 - 荒川弘の描く生原稿で“ハガレン”の世界へ

『鋼の錬金術師展』が、神戸・新潟・愛知・福岡で順次開催される。

『鋼の錬金術師』は、全世界シリーズ累計発行部は7,000万部超を記録し、2003年と2009年にTVアニメ化。そして、2005年と2011年には劇場アニメ、2017年12月には実写映画が公開されるなど連載当初から変わらず人気を博し続けている作品だ。

企画展『鋼の錬金術師展』では、実写映画化を記念して2017年9月より東京と大阪で開催された同名展覧会をマンガ原画に絞って再構成。荒川弘の描く貴重な生原稿で「ハガレン」の世界を振り返る。「ハガレン」作品のファンはもちろんのこと、初めて作品を観る人でも、作者の筆使いや息づかいを感じられる生原画ならではの魅力を楽しめる。

【開催概要】
『鋼の錬金術師展』
■神戸会場
期間:2018年4月21日(土)~7月8日(日)
場所:神戸ゆかりの美術館(兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日
入場料:一般 1,000円(800円)、大学生 500円(400円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

■新潟会場
期間:2018年7月14日(土)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.