くらし情報『ヴァレンティノ、日本で19年プレフォールコレクション発表 - メゾンの歴史&伝統を日常に落とし込む』

2018年11月30日 22:20

ヴァレンティノ、日本で19年プレフォールコレクション発表 - メゾンの歴史&伝統を日常に落とし込む

ヴァレンティノ、日本で19年プレフォールコレクション発表 - メゾンの歴史&伝統を日常に落とし込む

ヴァレンティノ(VALENTINO)が日本へ。2019年プレフォールコレクションが、メンズ・ウィメンズ合同で2018年11月27日(水)東京・品川の寺田倉庫で発表された。

日本文化に触れたヴァレンティノ
日本でランウェイショーを行うにあたり、テーマとして掲げたのは和との融合。古来から伝わる「間(ま)」「侘び・寂び」といった考え。日本人の心に眠る古典的な文化に触れることで、ヴァレンティノのピエールパオロ・ピッチョーリは、メゾンの象徴つまり"見慣れたシンボル”を目新しいもの=日本文化に落とし込む手法をとった。

私たちの日常に落とし込むこと
クリエーションをする上で、最も大切にしたことは(日本人の)日常にマッチさせることだという。ヴァレンティノのショーピースといえば、私たち日本人の日常から"かけ離れた存在である”ほど優美であったが、今季のショーは一味違う。この当たり前が払拭され、美しいよりも「可愛い」「着たい」「欲しい」という感情が上回るような"親近感”が感じられた。

アイコンピースがチャーミングに
例えば、メゾンのコードの一つラッフルは、小さくなっていてチャーミングな印象。ロングドレスは2ピースのセットアップに変換されていたり、膝が見えるミニ丈に姿を変えていたり、程よい塩梅で"カジュアルさ”が加えられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.