くらし情報『大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019」代々木公園に全国の魚介料理約130種が集結』

2019年1月20日 16:00

大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019」代々木公園に全国の魚介料理約130種が集結

大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019」代々木公園に全国の魚介料理約130種が集結

大規模“食”イベント「第1回 魚ジャパンフェス2019(SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019)」が、2019年3月1日(金)から3日(日)までの3日間、代々木公園で開催される。

「魚ジャパンフェス」は、毎年11月に日比谷公園で開催されている日本最大級の魚介料理イベント「ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル」のスピンオフイベント。3エリア・約65のブースに約130種のメニューを取り揃えて来場者を迎える。

SAKANAエリア
「SAKANAエリア」では、その名の通り魚介にこだわったメニューを厳選。宮城県「マルショウ」の贅沢な「あんこう肝鍋」をはじめ、濃厚な甘みのウニを使用した「うにコロッケ」、新鮮な水揚げされたしらすをたっぷり乗せた「絶品!しらす丼」などを展開する。

なかでも目を惹く「北海5種盛海鮮丼」は、イクラ、ウニ、サケ、カニ、ホタテの5種類をごはんの上に敷き詰めた、北海道の海の幸を満喫できる人気メニューとなっている。

ご当地JAPANエリア
2つ目のエリアは、魚介料理にこだわらず、日本各地の郷土料理や名産品にフォーカスする「ご当地JAPANエリア」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.