くらし情報『「artKYOTO 2019」京都・元離宮二条城で、国内外31のギャラリーからアート作品集結』

2019年2月10日 15:15

「artKYOTO 2019」京都・元離宮二条城で、国内外31のギャラリーからアート作品集結

「artKYOTO 2019」京都・元離宮二条城で、国内外31のギャラリーからアート作品集結

国際的なアートの見本市を行う「artKYOTO 2019」が、2019年9月7日(金)から9日(月)まで、京都・元離宮二条城にて開催される。

「artKYOTO」とは
古美術から現代美術までの幅広いアート作品を展示する「artKYOTO」は、世界遺産の元離宮二条城が舞台。⾒張り台や武器庫のために使われていた「東南隅櫓(すみやぐら)」、江⼾時代は御料理間と呼ばれていた「⼆の丸御殿台所・御清所(おきよどころ)」をはじめ、昭和に作庭された和洋折衷庭園「清流園」を望む「⾹雲亭(こううんてい)」など、通常⾮公開の歴史的な空間に設置された各ブースで、作品の鑑賞や購入を楽しむことができる。

国内外31のギャラリーから厳選アートが集結
国際的なアートフェアとしては初開催となる、この歴史深い建築物内には、京都の11軒の美術商を含む国内外31の出展ギャラリーから厳選されたアート作品が集結。

平安時代の仏像から、江⼾時代の蒔絵・浮世絵、明治時代の⾦属⼯芸、戦後の⽇本美術、華やかな⽇本画、ピカソやゴッホなど近代の巨匠、新進気鋭の国内外の現代美術家の作品と、バラエティに富んだラインナップを揃える。1000万円以上の高額な美術品も並び、⾼名な建築家による住宅も建築模型の展⽰と合わせて販売される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.