くらし情報『チームラボの春限定“桜色”プログラムがお台場で - ランプの森が桜一色に』

2019年2月11日 16:15

チームラボの春限定“桜色”プログラムがお台場で - ランプの森が桜一色に

チームラボの春限定“桜色”プログラムがお台場で - ランプの森が桜一色に

東京・お台場の「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」に、春限定のプログラムが登場。2019年3月から5月の期間で実施される。

春限定プログラムが実施されるのは、施設内の作品「呼応するランプの森」「花の精霊」「積層された空間に咲く花々」「地形の記憶」の4つ。

空間に存在する人を察知したランプが光を灯すと、その光が次から次へと隣のランプへ伝播し幻想的な空間を作り出す「呼応するランプの森」。期間中の3月から4月は、桜の1色でランプが輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、桜」と、山吹、裏山吹、青山吹、花山吹、桃の5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山」を実施し、春らしい色で空間が彩られる。

また、コンピュータプログラムがリアルタイムで花々を描き続ける「花の精霊」には、描かれる花に“沈丁花”や“蓮華草”が登場。花に触れると散っていく演出はそのままに、季節を感じる花々が咲き誇った姿が壁面に投影される。

その他にも、「積層された空間に咲く花々」には梅や牡丹、「地形の記憶」には春の景色が限定で登場。最新技術を駆使したデジタルアートで春を感じてみてはいかがだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.