くらし情報『映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』14年ぶりの続編、夢から逃げたサーファーの新たな人生を描く』

2019年4月4日 14:50

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』14年ぶりの続編、夢から逃げたサーファーの新たな人生を描く

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』14年ぶりの続編、夢から逃げたサーファーの新たな人生を描く

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』が、2019年5月31日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー。

『ライフ・オン・ザ・ロングボード』14年ぶりの続編公開
映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』は、大杉連を主演に迎え、定年後にサーフィンを始めた中年男性の第2の人生を描いた、2005年公開『ライフ・オン・ザ・ロングボード』の続編だ。

今回は、吉沢悠を主演に迎え、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男性が「サーフィンとの出会い」によって新しい人生を歩んでいく、新しいドラマを描き出す。作品の舞台は、美しい海が広がる種子島。

夢を諦めたサーファーの向かう先
吉沢悠演じる主人公の光太郎は、サーフィンの才能に恵まれながらも、挑戦することを避け、その日暮らしの生活を送っている。人生は行き詰まりを感じ、恩人・工藤を頼りにある日種子島を訪ねる。

しかし、すでに工藤はこの世を去っており、工藤の娘・美夏は「亡き父の期待を裏切った」光太郎を受け入れられず追い返そうとするのだった…。

サーフィンが再び一人の男性の人生を変える
しかし、種子島での生活は、光太郎の生活そして心までも変えていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.