くらし情報『リトゥンアフターワーズ 2019-20年秋冬コレクション - “魔女”は本当に魔女なのか?』

2019年5月5日 19:30

リトゥンアフターワーズ 2019-20年秋冬コレクション - “魔女”は本当に魔女なのか?

リトゥンアフターワーズ 2019-20年秋冬コレクション - “魔女”は本当に魔女なのか?

リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)は、2019-20年秋冬コレクションを発表した。

魔女狩りと反転
魔女のための衣服を製作した前シーズンの「For witches」に続き、魔女に焦点を当てた今季。「Who is the witches ? Who are the witch」と題したコレクションのキーワードとなるのは、「魔女裁判」と「反転」だ。

例えば、タロットカードの“吊された男”が向きによっては処刑されているようにも、のんきに踊っているようにも見えるように、物事を「反転」させることで、相対する概念が実は背中合わせであることが浮き彫りになる。だから、「魔女裁判」によって、集団の一義的な価値観の中で「魔女」だと吊るし上げられたとしても、価値観が揺らぎ、反転すればその事実も覆されるのだ。

概念はいつでも“反転”する
このコレクションでデザイナー・山縣良和が提示するのは、加害者と被害者、傍観者と当事者、光と影、白と黒、美と醜、男と女など、相対するもの同士の概念の危うさ。いつでも反転しうる、不安定さをはっきりと示した上で、価値観に縛られない、新たな人間性と異次元の空間を模索していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.