くらし情報『展覧会「抽象世界」大阪・国立国際美術館で、ディオールのドレスになった現代美術家の作品など』

2019年4月15日 12:45

展覧会「抽象世界」大阪・国立国際美術館で、ディオールのドレスになった現代美術家の作品など

展覧会「抽象世界」大阪・国立国際美術館で、ディオールのドレスになった現代美術家の作品など

展覧会「抽象世界」が、2019年5月25日(土)から8月4日(日)までの期間、大阪・国立国際美術館にて開催される。

近年、抽象芸術の分野が再び注目を集めている。本展は、1980年から今日まで約40年間に渡るヨーロッパとアメリカの抽象芸術に焦点を当てた展覧会。展示するのは、絵画を中心に彫刻なども交えた作品だ。また、1980年以前に活動を開始した歴史的な美術家の作品も合わせて紹介する。

展示作品は、ベルギーのファッションデザイナーであるラフ・シモンズが、ディオール 2012-13年秋冬オートクチュールコレクションや自身のコレクションなどで度々インスピレーション源にしている現代アーティスト、スターリング・ルビーや、1950年代に軍隊から退き、パリで活躍したアメリカ人画家エルズワース・ケリーらが手掛けたもの。過去にとらわれることなく、融通性や拡張性がそなわった作品の数々を、是非会場で体感してみて。

【詳細】
抽象世界
会期:2019年5月25日(土)~8月4日(日)
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
住所:大阪府大阪市北区中之島 4-2-55
開館時間:10:00~17:00、金曜・土曜は20:00まで
※7・8月の金曜・土曜は21:00まで
※入場は閉館の 30 分前まで
休館日:月曜日 ※7月15日(月・祝)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.