くらし情報『ホラー映画『シライサン』怨霊の恐怖を描く - 乙一こと安達寛高が長編監督デビュー』

2019年6月17日 11:40

ホラー映画『シライサン』怨霊の恐怖を描く - 乙一こと安達寛高が長編監督デビュー

ホラー映画『シライサン』怨霊の恐怖を描く - 乙一こと安達寛高が長編監督デビュー

怨霊の恐怖を描く映画『シライサン』が、2020年1月10日(金)に全国公開される。

シライサン…という謎の言葉を残して死ぬものたち
死因は心不全、眼球が破裂した死体が連続で発見。死の直前“何か"に怯え取り憑かれたような形跡が見られる。徐々に明かされてゆく呪いの秘密…。大学生と新聞記者が徐々にその核心に近づいていくが、そこには理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた。

“その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺される、怨霊の恐怖を描く。

主人公・端紀役 - 飯豊まりえ
端紀は、ごく普通で、純粋な女子大生。しかし、親友を目の前で亡くしたことがきっかけで、疑問に感じ、春男とともに事件を調べ始める。自分が犠牲になるかもしれないが恐怖に立ち向かう。演じる飯豊まりえは今回が初の単独主演作。

春男役 - 稲葉友
春男は大学生。死因は心不全、そして眼球が破裂、そして密室という不自然な状況で弟を亡くす。同じ状況で親友を失った端紀とともに一連の死亡事故について調べ始める。演じるのは『春待つ僕ら』などに出演してきた注目の若手俳優・稲葉友

監督は乙一こと安達寛
小説家・乙一として『くちびるに歌を』など数々のヒット作を生んでいる安達寛高が監督&脚本を務める。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.