くらし情報『ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 19秋冬 - メインカラーに“黒”初採用、ワンピースやコート』

2019年6月9日 14:55

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 19秋冬 - メインカラーに“黒”初採用、ワンピースやコート

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 19秋冬 - メインカラーに“黒”初採用、ワンピースやコート

ユニクロ(UNIQLO)は、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)とのコラボレーションによる2019年秋冬コレクションを発表。

12シーズン目を迎えるユニクロイネス・ド・ラ・フレサンジュのコラボレーション。今回のインスピレーション源は、イネスが幼少期に過ごした思い出の地、フランス・ムジェーヴ(Megève)だ。冬のリゾート地としても名を馳せるムジェーブで見た景色を投影するようなコレクションを完成させた。

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュで初めて“黒”がメインに
カラーパレットは、温かみのあるアーバンカラーと新雪をイメージしたウィンターホワイト、そして初めてメインカラーとしてブラックを取り入れた。シックなブラックは、ワンピースやチェスターコート、ジャケットなどのワードローブを展開する。

あたたかなイエローでハッピーな雰囲気
気持ちがハッピーになるような、温かみのあるイエローも今季のキー。ダッフルコートや、ケーブル編ニットなどをラインナップする。

ノスタルジック&クラシカルなエッセンスをプラス
1970年代のフランス映画のワンシーンを彷彿させるような、レトロシックなスタイルもまた今シーズンの魅力となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.